丸つけができない子のサポート法

丸付け

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

子どもは発達障害グレーゾーンです。小学生の頃から繰り返しやる計算ドリルが嫌いで、正解するよりもとにかくこなせばいいという感じでした。

丸つけは合ってなくても全て丸にしてしまうのです。やり方を教えても、結局できません。どうしたらいいでしょうか?

「丸つけができない」という子って、意外と多いです。そこで今回は、丸つけができない子のサポート法をお伝えします。

今回は発達障害グレーゾーンの方からの相談ですが、お子さんが発達障害ではなくても親が行うサポート法は同じです。

お子さんの勉強のやる気と成績アップにも直結するので、参考にしていただければ幸いです。

発達障害(グレーゾーン)とは何か?

集中力がない

そもそも、発達障害とはどのような症状でしょうか。簡単に言うと、発達がデコボコな状態です。

部分的に発達が遅かったり、苦手な分野があったりします。たとえば、走ることはできるけど跳び箱はできない、机に向かって勉強ができても集中力が続かないなどです。

それ以外にも、コミュニケーションが苦手という特徴もあります(全員ではありません)。

今回の相談者さんのお子さんは発達障害グレーゾーンなので、おそらく部分的に少し苦手なところがある状態だと思います。

できるまでサポートすればOK

漢字ドリル

ではこの場合、どのようにサポートすればいいのでしょうか。答えは簡単です。

一人でできるようになるまで、親がサポートしましょう。丸つけができないということは、丸つけが苦手ということです。

それなら、親が代わりにやってあげましょう。もちろん、いずれは一人でできるようにしないといけません。

そこで、簡単なところだけは子どもにやらせてみることも大切です。計算ドリルが嫌なら、漢字ドリルの丸つけに変えてみるのもアリです。

いずれできるようになるので大丈夫

サポート

前述した通り、発達障害は部分的に発達が遅いということです。つまり、いずれできるようになります。

たとえば子どもは小さい頃、ひとりで服が着られなかったと思います。ただ、いずれ着られるようになりますよね。それと同じです。

周りの子と比べてはいけません。焦らずに、根気強く待ってあげることが大切です。

その子のペースでできるようになるのをサポートし、見守ってあげましょう。

本日のまとめ

親子勉強

発達障害は、部分的に発達が遅い部分があったり、苦手な分野があったりします。「できない」ことは「苦手」と捉えて、できるまでサポートしましょう。

いずれはできるようになるので、焦らなくてOKです。根気強く待ってあげましょう。

明日ですが、「実験でわかった!幸せな子どもに育てる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!丸つけができない子のサポート法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 中学生

    中学校の友達が不登校になったら?

  2. 夫婦

    愛情不足の夫(妻)にできること

  3. 子供

    イベント以外学校に行かない子どものサポート法

  4. 勉強しない

    仕事から帰ってくると子どもが勉強していない悩み

  5. 子供の恋愛

    親は子供の恋愛にどれだけか関わるべきか

  6. 勉強

    元教師が解説!毎日の勉強の仕方

  7. 受験失敗

    高校受験に失敗した時にすべき親のフォロー方法

  8. 東大

    注意:東大を目指すな理論

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP