勉強させるタイミングを理解しよう

先日とても悲しい報告をいただきました。※プライバシー保護の関係で内容の一部を変更しております。

> 道山先生の講座を読んで子どもを勉強させたところ、子どもが不登校になりました。どうしたら良いですか?

ありがたいことに、私ところには毎月たくさんの成績が上がったという報告が来ます。一方で、たまにこういった悲しい報告も来ます。

では、道山流学習法を実践して成績が上がる子と、成績が上がるどころか不登校などの問題行動になってしまう子の違いってなんでしょうか?

答えは「勉強させるタイミング」です。このタイミングがあっていれば、すぐに子どもの成績は上がるのですが、ズレていると子どもは問題行動を起こします。

そこで本日は、子どもの成績が上がるタイミングについて解説します。子どもが勉強しない、不登校が改善しないと悩んでいる場合参考になるかと思います。

エリクソンの発達課題からわかる勉強させるタイミング


エリクソンの発達課題という言葉を聞いたことはありますか?エリク・H・エリクソンという心理学者が、人間の発達メカニズムの研究を行って分かったことをまとめたものです。わかりやすく説明します。

人が成長していくうえで、乗り越えなければいけない課題があります。1つ目の課題は「人を信じること」2つ目の課題は「自分を律すること」3つ目の課題は「自主性をもって行動すること」4つ目の課題は「勉強や仕事をすること」です。

この順序を変えることはできません。人を信じることができない段階では、自分を律することはできないのです。言い換えるなら、親を信じられない段階では、学校や社会のルールを守れないということです。

子どもが勉強するのは自主性をもった後


エリクソンの発達課題を理解すると、子どもを勉強させられるタイミングがわかります。それは、親を信じることができたタイミングです。

親すら信じられていない状態(愛情バロメータが低い状態)では、自分を律すること(やりたくないという気持ちを押さえて勉強すること)は不可能なのです。

このタイミングで無理やり勉強させようとすると、子どもは問題行動を起こして反発します。

おそらく今回悲しい報告をくださった方というのは、まだ子どもを勉強させられるタイミングに来ていないのに、無理やり勉強させようとしてしまったのだと思います。その結果、子どもが不登校になってしまったのです。

勉強させられる目安はたわいもない話ができること


あなたが今、子どもを勉強させたいと思っているとします。この場合、子どもから「学校で起きたたわいもない話」をされるかどうか確認してください。

もしそういった話を子どもからしてくるなら、お子さんはあなたのことを信頼しています。その段階まで愛情バロメータが上がれば、勉強はもちろん、学校や社会のルールを守ることもできます。

ただ、自ら進んで勉強しようという気持ちにはなりません。それは4番目の段階だからです。もし自主的に勉強させたいなら、まずは3番目の段階である自主性をもって行動できるようにしましょう。

子どもに勉強以外の分野で、やりたいこと(夢)を見つけさせる。心の底から行きたい高校を見つけさせることが大事なのです。この2つが見つかると、自主的に勉強もできるようになります。

本日のまとめ


子どもの成長には順序があります。どれだけ近道をしようとしても、目の前の課題をクリアしない限り、次の課題をこなせるようにはなりません。

無理やりクリアさせようとすると、今回の相談者のように子どもが問題行動を起こします。もし子どもが問題行動を起こしていたら、「課題をクリアできていないのに無理やり次の課題をさせようとしている」と判断しましょう。

そして、目の前の課題に取り組みましょう。課題をクリアできれば、あとは放っておいても、子どもは次の課題に取り組むことができます。

明日ですが、「保存版!勉強スケジュールの立て方」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

関連記事

  1. 勉強時間

    効率良く1,2年生の復習をする方法

  2. 塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2017年度)

  3. 個人懇談

    個人懇談会で先生と話すべきこととは?

  4. 教科書

    教科書で調べる勉強法は効率的か?

  5. 国語

    高校生におすすめの参考書(国語)を紹介!

  6. 5教科の合計が67点UPした成果報告

  7. すごい学習メソッド

    子どもを勉強させたいときに読むべき書籍

  8. 道山

    勉強の結果以上に嬉しい報告をいただきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP