効率のいい問題集の解き方

勉強

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

先生は、定期テスト対策でワークを5回解こうと言われます。ただ、数学などワークの場合、範囲が80ページくらいあります。

この場合、どう考えても5回もできません。効率よく進めるにはどうしたらいいでしょうか?

時間をかけて勉強していても、効率の悪いやり方だと成績は上がりません。一方、やり方を少し変えるだけで、成績はどんどん伸びていきます。

今回は、効率の良い勉強法と問題集の解き方についてお伝えします。この内容を実践していただければ、目に見えて成績はアップします。

その結果、テスト対策はもちろん、高校受験でも合格率がかなり高くなります。お子さんの将来がますます明るくなるはずです。

勉強の基本は問題集の繰り返し

問題集

成績がなかなか上がらない子の多くが、問題集を1回しか解きません。1回で分かる子は天才です。普通は、繰り返し解かないと頭に入りません。

また、学校の問題集と塾の問題集をそれぞれ1回ずつ解くという子もいます。このやり方も、効率が悪いです。1冊の問題集を何回も解いたほうが、深い知識になるからです。

最低でも3回、できれば5回は繰り返すようにしましょう。時間のかかる子は、5回では足りないかもしれません。頭に入るまで、繰り返し解くことが大事です。

2回目は間違えたところのみ

時計

今回の相談者さんの場合、問題集が80ページあります。この場合、戦略的に進めていかないと終わりません。そこで、1回目は全ての問題を解きますが、2回目は1回目に間違えたところのみにします。

3回目は、2回目に間違えたところのみやりましょう。時間がなければ、ここまででOKです。これだけでも、全てのページを3回解きなおすことに比べたら、はるかに短時間でできます。

もし時間があれば、4回目にもう1度80ページを解きましょう。さらに時間があれば、5回目に4回目で間違えたところのみ解きなおしたら完璧です。

基本問題に絞るのもコツ

勉強

80ページなんてそもそも解けないという場合は、応用問題は捨てても良いです。基本問題だけに絞って解きましょう。

全部で80ページなら、基本問題はおそらく50ページくらいだと思います。この50ページに集中するほうが、成績アップにつながります。

応用問題は、時間があるときだけでOKです。提出物があるなら、答えを写して出しましょう。全ての問題を1回解くくらいなら、基本問題を3回解いた方が成績は上がります。

本日のまとめ

やる気

問題集を繰り返し解くことで成績は上がります。広く浅い知識よりも、1冊の問題集を徹底的に繰り返すほうが効果的です。最低でも3回、できれば5回は解きましょう。

時間がないときや、量が多いときは基本問題だけに絞りましょう。応用問題は余裕のあるときだけでOKです。

明日ですが、「オール3の子の受験対策法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  2. 散歩

    休憩に散歩をするだけで成績UP

  3. テスト

    勉強系の悩み相談に対して元中学校教師が解答しました!

  4. ジュース

    【元教師が解説】勉強中の集中力がUPする食べ物と飲み物

  5. 初めての書籍の発売日が決まりました!

  6. 通知表

    【元教師が暴露】内申点を上げる方法

  7. 頭を抱える

    勉強が続かない悩みの解決法

  8. 入学

    元教師が解説!中学入学の準備(勉強編)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP