成績がいい子どもの親特徴TOP3

親子

頑張って子どもの勉強をサポートしているのに成績が上がらないと、親としてはつらいですよね。

そこで本日は、成績を上げられる親とそうでない親の決定的な違いを3つお伝えします。

成績が上がる親と同じ行動をするだけで、簡単に子どもの成績は上がります。親の思いや努力を無駄にしないためにも、参考にしていただければ幸いです。

第3位 塾の活用法

塾

成績が上がる親は、上手に塾を活用しています。一方、成績が上がらない親は、子どもを無理やり塾に行かせています。

子どもが嫌がっているのに塾に行かせても、やる気が出たり成績が上がったりすることはほぼないでしょう。

塾は、通えば成績が上がるものではないからです。勉強をするのは子ども本人です。

塾に行きたいのかどうか、子どもの意志を尊重しましょう。子どもが「行きたい」と言う場合は、子どもに合う塾を探しましょう。

第2位 勉強のサポート法

丸付け

成績がいい子の親は、子どもから求められたタイミングでサポートします。

たとえば、「丸付け手伝って」とお願いされたときに応じるからこそ、子どもも満足します。その結果、親子関係も良好になり、勉強効率も上がるのです。

一方、成績が上がらない親は、頼まれていないのに勉強に首をつっこみます。子どもからはおせっかいだと捉えられ、親子関係の悪化につながってしまいます。

大切なことは「子どもから求められたときにサポートする」ことです。

第1位 勉強のさせ方

叱る

勉強をさせるとき、成績が上がる子の親は、まずは動機づけをしています。たとえば、ちょっとしたごほうびや目標を作って、やる気を引き出すのです。

しかし成績が上がらない子の親は、動機づけをする前に「勉強しなさい」と叱ったり、「このままだと受験落ちるよ」と脅したりします。

つまり、子どもがやる気になっていないのに、無理やり勉強をさせようとしているのです。これだと過干渉となり、子どもは反発するようになるでしょう。

上手に勉強をさせるには、まずは子どものやる気が出る状況を作る。その上で勉強のサポートをする。という順序が大切なのです。

本日のまとめ

勉強する

子どもの成績を上げたい場合、無理やり塾に行かせてはいけません。

お願いもされていないのにアドバイスをしたり、必要以上に勉強に首をつっこむのもやめましょう。

大切なことは、先に動機づけをし、求められたらサポートをし、子どもが行きたいと言ったら塾を検討することです。

明日ですが、「高校受験に合格するために塾に入るべきか?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!成績がいい子どもの親特徴TOP3

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 塾

    子どもにベストな塾の探し方

  2. 通信教育

    元教師が解説!成績が上がる通信教育の選び方

  3. 褒めて育てる

    子どもは叱るべきか褒めるべきか?

  4. うたた寝

    部活で疲れて寝てしまう時の対策法

  5. 5教科オール5を獲得した成果報告

  6. 100点

    全教科100点満点を取る方法

  7. テスト

    勉強系の悩み相談に対して元中学校教師が解答しました!

  8. 絵の具

    現役の美術教師が解説!1時間で完成するポスターの描き方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP