小学生の勉強方法を解説します!

宿題

 ← 道山はいま何位?

最近ありがたいことに、
小学生の保護者の方の
メルマガ読者が増えてきました。

そこで今日は、
小学生の勉強について、
私なりの考えを書きます。

勉強方法を書く前に、
まず最も大事な考え方について、
まとめます。

小学校の勉強に対する道山の考え方

子供
私自身、
子どもが小学生のうちは、
あまり勉強させすぎない方が
良いと思っています。

 

というのは、
勉強する=遊ぶ時間が無くなる
ということですよね?

 

小学生と言う時期は、
人間関係を学ぶ時期です。
子どもたちは遊びを通して、
人間関係を学んでいくのです。

 

ここでたくさん遊んだ子は、
大人になった時、

 
  • いろいろな人にやさしく接することができる
  • 誰とでも仲良くなることができる
  • 人をまとめる力が身につく
という状態になります。

 

逆にこの時期に勉強ばかりしていた子は、
成績は良いのに、

 
  • 他人のことを考えることができない
  • 人間関係が上手くいかずに悩む
  • チーム決めなどで一人ぼっちになってしまう
状況になりやすいです。
※もちろん全員が全員ではありません。

 

ですので、
まずは思いっきり遊ばせて、
空いた時間で最低限必要な宿題などをすれば
私は十分だと思っています。

小学生の基本的な勉強方法


ではいざ勉強するときには、
どういった流れで勉強していけばよいのか。
まず大前提として、
子ども一人で勉強させようとしないことです

 

小学生と言う時期は、
まだまだ一人でできないことが多いです。

 

その時に、
「お母さんはご飯を作るからあなたは宿題をしなさい」
と言っても、子どもは一人で勉強できません。

 

だからご飯の後に、
「お母さんと一緒に勉強しようか」
と言って一緒にやってあげてください。

 

基本的に小学生の勉強と言うのは、
それほど難しいものではありません。
学校の授業さえきちんと受けることができれば、
それだけで100点取れてしまいます。
だから、

 
  • 宿題を親がサポートする
  • 毎日楽しく学校に通えるようにする
この2つだけを意識しておけば、
オール4くらいの成績は取れるはずです。

 

もし今オール1レベルの成績だとしたら、
100%上記の2つのどちらかができていません。
ですので、

 
  • 塾に入れる
  • 家庭教師を付ける
という短期的な解決策に走るのではなく、

 
  • 親が時間を調整して子どもの宿題を見る
  • 学校で起こった出来事などの話をたくさんする
  • 親子で遊ぶ時間などもたくさん作って関係を良くする
この3つだけしてください。
これだけで簡単に成績は上がる思いますよ。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 中高一貫校や私立中学

    中高一貫校や私立中学の学習方法

  2. 宿題

    冬休み明けのテスト対策法

  3. 春休みの勉強

    効率の良い春休みの勉強法

  4. 集中

    道山流学習法を実践しても効果が出ない時は?

  5. 授業

    学校の授業が3倍わかりやすくなる方法

  6. 内申点

    定期テストを欠席した場合の内申点の付け方

  7. 辞書

    辞書で調べる学習は効率的なのか?

  8. 問題集

    あれもこれも状態になると成績は上がらない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP