小学生のうちにやっておくべき3つのこと

小学生

小学生って、たった6年間しかありません。何も考えずに過ごしていると、中学校に入ったときに「あれをやっておけばよかった」と後悔することもあるでしょう。

そこで本日は、小学生のうちにやっておくべき3つのことを、ランキング形式でお伝えします。

お子さんが中学生の場合も、まだ間に合います。ぜひやらせてみてください。大人になってから、充実した人生を送ることができるはずです。

第3位 得意分野をつくる

昆虫

どんな小さなことでもいいので、誰にも負けない特技を1つ作るといいでしょう。

勉強、サッカー、昆虫の知識、鉄道の知識、絵を描くことなど、どの分野でも大丈夫です。

「これなら誰にも負けない」という強みを持つことで自信になり、学校生活や勉強などの他の分野も頑張れるようになるからです。

得意分野をつくるためには、いろんな経験をさせましょう。ひとつでも楽しいものが見つかれば、それが得意分野になるかもしれません。

第2位 親友をつくる

親友

小学生時代には、1人でも親友ができるとその後人生が充実します。なぜなら、このときできた友達は利害関係がないため、高確率で一生の友達になれるからです。

子どもは「遊び」を通して友達をつくったり、コミュニケーションを学んだりすることができます。

そのため毎日のように習い事をさせるのではなく、週2~3日は友達と遊ぶ時間をつくるといいでしょう。

大人になってからも喜びを分かち合ったり、気軽に相談できる仲間になったりして、より充実した人生が送ることができるはずです。

第1位 友達と喧嘩をする

喧嘩

友達と喧嘩をするという経験も、やっておくといいでしょう。喧嘩は、人間が成長するきっかけになるからです。

喧嘩で友だちとの関係が壊れると、一時的に孤独感を味わいます。すると、普段は仲良くしていない子と、話す機会も出てくるでしょう。

こういったときに、人のありがたみや優しさに気づくことができます。さらに自分の非を認めたり、謝ることの大切さを学ぶこともできるでしょう。

もちろん、わざわざ喧嘩を吹っ掛ける必要はありません。友達と遊んでいれば、いつか起こることなので、それまで待っていればOKです。

どうしても長引いたときは、先生に相談して、間に入ってもらいましょう。

本日のまとめ

遊ぶ

小学生のうちにやっておくべきことは、得意分野をつくること、親友をつくること、友達と喧嘩をすることです。

そのためにはいろいろな経験をさせ、習い事だけではなく「遊び」の時間をつくるよう意識しましょう。

子どもが友達と喧嘩をしたときには、成長している証拠です。長引いたときは、先生に間に入ってもらいましょう。

明日ですが、「癇癪を起こす高校生への対応法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!小学生のうちにやっておくべき3つのこと

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 発表

    プレゼン、発表で高得点が取れる話し方

  2. やる気でない

    やる気が出たのに勉強が続かない理由

  3. 高得点

    【楽に85点以上取れる】実力テストの勉強法を解説します!

  4. 小学生

    元教師が解説!短期間でできる小学校6年間の復習方法

  5. ワークを移す

    ワークの答えを写して成績UP!

  6. 勉強

    成績は自宅学習or塾、どっちが上がる?

  7. 合格確実の低レベル校vs合格が難しい難関校

  8. 勉強する

    子どもの勉強をやる気にさせる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP