脳は達成感を味わうことで強くなる!

達成感

 ← 道山はいま何位?

最近茂木健一郎さんの

書籍を読んでいるのですが、

これが本当に勉強になります。

 

少し難しい話も多いので、これからちょこちょこ、

私がかみ砕いて解説しようと思います。

今日はその中の一つを紹介します。

気持ち良さを感じると、ドーパミンが出ます。

人間と言うのは、

一生懸命考えていた問題が解けたとき、

「やった!できた!」

という達成化を味わうと思います。

 

 

この時、脳の中ではある変化が起きています。

それは何かというと、

ドーパミンという物質が出ています。

 

 

このドーパミンと言うのは、

気持ちよさを感じる物質です。

 

 

で、ここからが面白いのですが、

人間と言うのは、どういった行為をしたときに、

この気持ちよさを感じたかを明確に覚えていきます。

 

 

例えば勉強をして、

「この問題が解けた!」という

気持ちよさを味わったとします。

 

 

すると人間は、

勉強をする=気持ちいい

と認識します。

その結果勉強が楽しくなるのです。

 

 

さらに勉強してできたときに、

親が褒めたりご褒美を上げたりすると

さらに気持ちよさが増します。

 

 

その結果ますます勉強が好きになっていきます。

よく勉強しなさい!

と怒っている家庭があるのですが、

 

 

勉強しなさいと怒られて

子どもが嫌々勉強してもドーパミンはでません。

 

 

ドーパミンが出ないどころか、

「嫌だ」という気持ちで勉強をするので、

勉強すること=嫌な気持ち

という認識になっていきます。

 

 

その結果、

どんどん勉強が嫌いになっていきます。

 

叱るよりも褒めてあげて下さい!

私は今まで、特に脳の構造など考えずに、

子どものやる気を出させるには、

勉強しなさい!と叱るのではなく、きちんとご褒美を設定して、

出来たら思いっきり褒めてくださいとアドバイスをしてきました。

 

 

これは私の経験則から、こちらの流れの方が、

子どもたちのやる気は上がると思っているからです。

 

 

ただ茂木さんの話を読むと、

脳のメカニズム的にも、叱るよりも褒めてあげた方が、

やる気は出るということです。

 

 

もしあなたが今、

毎日毎日子供を叱っているのであれば、

一度叱るのをやめて、

できたときに褒める式に変えてみてください。

 

 

これだけでかなり結果が、

変わってくると思いますよ。

>> 茂木健一郎さんの書籍はこちら

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 復習

    中学生本人からいただいた嬉しい報告

  2. 親子

    【元教師が解説】成績が上がらない中学生の特徴とは!?

  3. 主婦

    勉強の話すべきベストタイミング

  4. 成果報告Mさん

    塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2015-2016年度)…

  5. 英会話

    最短で英会話を学ぶ方法

  6. 電車

    移動中のおすすめ勉強法

  7. 勉強

    すぐに結果が出る!徹夜勉強法とは?

  8. テストで満点

    テストで満点を目指すと人生が崩壊する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP