愛情不足の子ども3つの特徴

割れたハート

「うちの子って、愛情不足なのかしら?」「なにか確かめる方法はないの?」と思われていないでしょうか?

実は子どもというのは、愛情不足になると様々な問題行動を起こします。そこで本日は「愛情不足になったとき子どもが起こす3つの行動」を解説します。

お子さんに該当する場合、早めに対応しましょう。ひどい問題行動に発展する前に、解決できます。お子さんの未来も、より明るくなるはずです。

そもそも愛情と子育てって何が関係しているの?

不登校

そもそも子育てと愛情には、どういった関係があるのでしょうか?これは、子どもが問題行動を起こすメカニズムを理解すると、わかります。

人間は第3者の愛情を感じると、心にエネルギーがわきます。子どもの場合、お父さんやお母さんに愛されると、心にエネルギーがわくのです。

エネルギーがわくと、勉強や部活を頑張ったり、やりたいことを見つけたりすることができます。

しかし、愛情不足になると子どもは心にエネルギーが貯まらなくなります。すると、朝起きられず不登校になったり、将来の希望が持てなくなったりします。

そこで、子育てにおいて一番意識しないといけないのは、自分の愛情を子どもに的確に伝える事です。

いくら愛情を持って子育てをしていたとしても、それがうまく伝わらないと子どもは愛情不足になってしまいます。注意しましょう。

愛情不足の子どもに起きる3つの特徴

お金を盗む

愛情不足になると、子どもに3つの特徴が出てきます。

1つ目は、「親にくっついてくる頻度が増える(小学生に多い)」です。以前と比べて頻度が変化しているかが重要です。

2つ目は、「学校に行きたくないと言い始める(小中学生どちらも)」です。エネルギー不足が始まっている可能性があります。※不登校=100%愛情不足が原因ではありません。

3つ目は、「親の物を盗んだり、ウソをついたりし始める(小中学生どちらも)」です。こんなダメな自分でも愛してくれるのか、試している可能性があります。

危険!二次障害として起こる代表的な3つの行動

親子

上記に挙げた3つの行動は、愛情不足の子どもの初期症状です。症状がさらに悪化すると、以下の3つの行動に発展する可能性があります。
  • 部屋に引きこもりスマホやゲームをする頻度が増える
  • 学校で友達と喧嘩するトラブルが増える
  • 親に対する暴言や暴力が増える
愛情不足が発展すると、このような行動が増えてきます。ここまで酷い状態になる前に、早い段階で愛情不足を解消しましょう。

子どもの要求を満たすことで、子どもは親の愛を感じる

オムライス

上記のようなトラブルや特徴が出てきたら、愛情不足を解消することが大事です。その際、まずは子どもの要求を満たすように意識しましょう。

「あれやって」「これやって」という要求に、できる限り応えてあげるのです。もう一つお勧めの方法は「子どもの好きなおかずを作る」ことです。

これも親の愛情を感じられる大きなきっかけになります。少し時間をかければできる方法なので、試してみてください。

明日ですが、「成績が上がる勉強ルーティン」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!愛情不足の子ども3つの特徴

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強

    すぐに結果が出る!徹夜勉強法とは?

  2. 勉強

    【元中学校教師が解説】小学校の復習テストの勉強法

  3. 中学生

    問題を読まず減点される子のサポート法

  4. 学年順位が26位UPした成果報告

  5. やる気でない

    やる気が出たのに勉強が続かない理由

  6. 頭を抱える

    【元教師が解説】HSPの子供の特徴と育て方

  7. ゲーム

    やめられないゲームをやめる方法

  8. 初日の出

    毎年恒例!元旦は1年の目標を決めよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP