中3でゲームばかりし、勉強しないときは?

ゲーム

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中3男子です。今年からゲーム依存で勉強しなくなりました。「制限しなかったら勉強する」が口癖なので制限なしも試しましたが、ゲーム、YouTubeやり続けました。

このような子にはどう対処したらいいですか?平気で嘘をつき困っています。

中3なのにゲームばかりしていたら、受験が心配ですよね。スマホ没収を考えるお父さんお母さんも少なくないでしょう。

では、どういうサポートをすれば、状況を改善して勉強をさせることができるのでしょうか。実は、効果的なやり方があります。

ただ、間違った対応をしてしまうと、依存は激しくなって勉強させるどころではなくなります。親子関係も悪化し、問題行動にも発展する可能性があるため注意しましょう。

ゲーム依存と勉強しないは別物

親子

実は、「ゲーム依存になったら勉強しなくなる」というわけではありません。

ゲームを長時間しても、きちんと勉強する子もいるからです。そのため、ゲームと勉強は別々で考えましょう。

ゲーム依存は、主に「親子関係の悪化」「自律性が養われていない」「ルール決めが上手くいっていない」のが原因です。

勉強しないのは、主に「親子関係の悪化」「やる気がない」「やり方がわからない」が原因です。

つまり、「ゲームを辞めさせる」ことよりも、勉強をしない原因を改善してやる気UPさせていきましょう。

中3の場合のやる気UP法

愛情

中3の勉強のやる気を高めるためには、3つのステップがあります。まずはこの順に、行ってみてください。

STEP1:「愛情バロメータUP」

親子でゲームの話ができるぐらい、良好な親子関係を築いていきましょう。子どもの要求をできる限り聞くことが、大切です。

STEP2:「志望校の明確化」

子どもの行きたい条件を聞き出し、心の底から行きたい志望校を見つけていきましょう。これが見つけられれば、子どもは自ら勉強するようになります。

STEP3:「脇役サポート」

子どもがつまづいていたら、そこを手助けしましょう。ただし、求められていないのにアドバイスすると逆効果になります。

やる気が出ないときは?

後悔

上記の3つのステップをやっても、やる気が出ない子もいます。

小さい頃から勉強のことを言われ続けてトラウマに思っていたり、勉強しなくても志望校に合格できそうだったりする場合です。

このときは、無理やり勉強させる必要はありません。進学希望の場合は、今の実力で行ける学校に入学させましょう。

もちろん、「もっと上を目指せばよかった」と後悔するかもしれません。しかし、これは本人の責任です。

この失敗をバネに、高校生活や大学受験、就職などで成功できれば問題ありません。

本日のまとめ

勉強する

ゲームばかりして勉強しない子どもには、ゲームを辞めさせることよりも、勉強のやる気を上げることを意識しましょう。

中3の場合は、愛情バロメータUP、志望校の明確化、脇役サポートの3ステップを行うことが大切です。

明日ですが、「否定的な言葉が子どもにもたらす悪影響」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!中3でゲームばかりし、勉強しないときは?

関連記事

  1. 泣く主婦

    子育てのイライラが限界に達したら?

  2. バスケ部

    部活で勉強できない子は辞めさせるべき?

  3. 生徒会室

    生徒会役員になるメリットとデメリット

  4. 男子中学生

    担任とぶつかる子どものサポート法

  5. 高校生

    中学生と高校生の子育て方法や接し方の違い

  6. 8科目で206点上がった成果報告

  7. オール2

    オール5からオール2に転落したら?

  8. スマホ依存

    スマホ依存が治る親の習慣TOP3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP