兄弟で成績が違いすぎる悩みの解決法

兄弟

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

長男は宿題も当たり前のことは必ずやる子です。次男は、宿題をやってないことが多く試験勉強も、ついてやれば覚えも悪くないのに、1人になるとゲームやスマホをやってしまいます。

先生によく、この子は出し惜しみをしているといわれますが、勉強とせかすと嫌がるし、言わなきゃしない感じです。

>小学生の頃正上の子より、下の子に関わってやる時間が少なかったです。今後どうすればいいですか?

弟だけ成績が悪すぎたり、姉だけ問題行動を起こしていたりすることってないでしょうか? そこで今回は、兄弟姉妹の子育て法をお伝えします。

今回の相談者さんのように、兄弟で成績や能力が違うというのはよくあることです。このとき親が誤った対応をしてしまうと、兄弟の能力格差がさらに開きます。

そうなると、困りますよね。でも、大丈夫です。今回お伝えするサポートを行えば、兄弟どちらも成長します。参考にしていただければ幸いです。

子どもの力は勉強だけではない

運動神経がいい

今の学校教育は、成績で順位付けをします。そうなると、どうしても成績で優越をつけられることが多いです。

宿題をやっていなかったり、成績が悪かったりするとどうしてもできない子のイメージを持ってしまいます。しかし、成績がいいから優秀というわけではありません。

性格、運動神経、コミュニケーション力、思考力など、子どもを見る基準はいろいろあるからです。まずは、成績だけで判断しないようにしましょう。

それぞれのいいところをほめよう

褒める

兄弟で成績が違っていたとしても、絶対に比較してはいけません。「お兄ちゃんのほうが勉強ができるね」とは、言わないようにしましょう。

今回の相談者さんの場合、長男は宿題をしっかりやっています。まずはそこを褒めてあげましょう。次男は、宿題ができていません。しかし、勉強以外の面で必ずいいところがあります。

そこを見つけ、褒めてあげるようにしましょう。よくあるのは、スポーツが得意、友達が多い、趣味がたくさんある、絵が上手い、親にやさしくできるなどです。

そういったいいところを、褒めてあげましょう。

どちらか一方が荒れてしまったら?

親子会話

兄弟がいる場合、どちらか一方だけ荒れてしまうこともあるでしょう。この場合、その子に接する時間を増やすようにします。

そして今まで以上に要求を聞いたり、話をする頻度を増やしたりしましょう。すると、愛情不足が解決します。

参考までに、私は教師時代、40人の生徒全員にバラバラに接していました。落ち着きがない子には、話す頻度を増やしました。

勉強が苦手な子には、授業中のサポートを増やしました。友だち作りが苦手な子には、席替えの時に配慮しました。

兄弟どちらか一方が愛情不足なら、一時的にその子に接する時間を増やしてあげてください。

本日のまとめ

兄弟

勉強以外にも、性格や運動能力、コミュニケーション力など、子どもを見る基準はいろいろあります。子どもを、成績だけで判断しないようにしましょう。

兄弟がいる場合、両者を比較してはいけません。それぞれのいいところを見つけ、褒めてあげることが大事です。どちらかが荒れている場合は、接する時間を増やしましょう。

明日ですが、「成績が伸びる塾の選び方3つのコツ」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!兄弟で成績が違いすぎる悩みの解決法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  2. 父と息子

    父親と子どもの関係が悪い場合の対処法

  3. テニス部

    嫌な部活なんて辞めちまえ!

  4. 顔を手で覆う

    自分の顔に自信が持てない子どものサポート法

  5. 学校

    進学した高校が想像と違った場合の対処法

  6. 高校生

    高校生の進路選択法

  7. 学校

    提出物を出したのに認められない場合

  8. 親子

    子どもが親の言う事聞かない理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP