ワークの答えを写して成績UP!

ワークを移す

nblog1 ← 道山はいま何位?

先日こんな相談がありました!
※プライバシー保護のため
内容を一部変更しております。

ワークや問題集を家で解くときに
どうしても答えを写してしまう癖があります。
どうしたらいいですか?

親に預けるというのはできません。
そして、
自分で答え合わせをしなくてはならないので…
どうしたらいいか教えてください!

中学生本人からいただいた相談なのですが、
同じように問題集の答えを写すかどうかで
悩んでいる子は非常に多いと思います。
私の考えをまとめます。

問題集の答えを写した方が成績は上がる!

問題集
まず最初に大事なことをお伝えします。
それは何かというと、問題集を解いていくとき、
わからない問題に出会ったとします。

 

この時の対応策には、

 
  • 教科書などで調べたりしながら解く
  • すぐに答えを見る
の2つがあります。

 

単刀直入に言うと、
教科書などで調べながら解くよりも、
答えを見た方が成績は上がります!

 

なぜかと言うと、今の日本の教育と言うのは、
9割は覚えるだけ点数が取れます。
教科書で調べるのには時間がかかります。

 

時間をかけて問題を解くくらいなら、
すぐに答えを見て余った時間で暗記をした方が、
成績が上がる可能性は高いです

 

だから点数を上げることだけを考えると、
ワークの答えを写した方が良いです。

思考力が付かないのでは?という相談

思考力
答えを写した方が成績は上がります!と言うと
必ず来る相談があります。それは何かというと、
「答えを写すと思考力が付かなくなりませんか?」
という相談です。

 

確かに数学や理科などの場合、
答えを写さずに長時間考えた方が、思考力はつくと思います。
だからその考え方は間違いではありません。

 

ただ私自身はどう考えるかと言うと、

 
  • 思考力は高校生と大学生になってから付ければ良い
  • 中学生はただでさえ時間がないから効率良く点数を上げた方が良い
と考えています。

 

これはどちらが正解というわけではなく、ただの考え方の違いです

もし思考力を付けたいという場合は、
時間をかけて問題集を解けばよいと思います。

ワークの答えを写さない方が良い場合


一つ例外として、
答えをあまり写さない方が良い時があります。
これは何かというと、
答えを写したら提出物の点数が下がる先生の場合です。

 

私自身は答えを写していても、
しっかりやっていたら8割くらいの点をつけていました。
もちろんしっかり解いた子と比べると2割マイナスですが、
2割と言うのはテストの点数で言うと4点くらいです。

 

その4点を取りに行くくらいなら、
テストの点数を4点上げた方が簡単だと思うので、
私は子どもたちに「答えを写してもいいよ」と言っていました。

 

ただ先生によっては、答えを写すと5割くらいまで下げる人もいます。
5割と言うのは10点くらいです。
もし10点下げられるのが嫌なのであれば、
そういった先生の教科は答えを写さない方が良いです。

 

わからない問題は全て飛ばして赤で書いてしまうのが、良いと思います。
この辺りは臨機応変に対応してみてくださいね。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1 ← 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 先生

    一人orたくさんの先生から学ぶべき?

  2. 部活

    楽しくない部活動は続けるべきか?

  3. テスト

    一度上がった成績が下がったときは?

  4. 子供

    だらしない子どもへの対応法

  5. 朝

    時間帯別!効率の良い勉強内容

  6. テスト悪い

    1学期の定期テストが酷い場合の考え方

  7. 悲しむ

    死にたいという子どもの救出法

  8. 朝

    勉強は朝か夜どちらがおすすめ?

コメント

    • 大学生
    • 2017年 4月 24日

    2割と言うのはテストの点数で言うと4点くらい、5割と言うのは10点くらいです。
    ここでテストの点をあえて20点にしている理由をお聞かせ願いたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP