カウンセリングルームの活用法

学校

中学校にあるカウンセリングルームって使ったことはありますか?こちらをうまく活用すると、子育てが上手くいきます。

ただ多くの方が、上手に活用できていなかったり、そもそも活用の仕方を知りません。そこで私が考える、おすすめの使い方を2つまとめます。

カウンセリングルームって何?

カウンセリング

そもそもカウンセリングルームってなんだかご存知でしょうか?学校によって使い方は異なるのですが、一言でいうなら悩みを聞いてもらう場所です。

子どもも保護者も活用できます。子どもが利用する場合は、担任の先生や養護教諭に相談して、使用する形になります。

保護者が利用する場合は、担任に予約を取る形で、利用する学校が多いです。カウンセラーは教師ではありません。

もちろんその学校の教師とのつながりはありますが、教師に言いにくいことを話すこともできます。

おすすめの利用法1クラスになじめない場合

子供

もしお子さんがクラスになじめなかったり、担任の先生と合わなかったりすることが原因で、不登校になっているとします。

この場合、カウンセリングルーム登校をすることで、出席扱いにすることができます。常にカウンセラーの先生が、常駐しているわけではありませんが、先生が来た時に悩みを相談することもできます。

また他のクラスで、クラスに入れない子も来ています。そういった子たちとの関係もできます。ただ学校によっては、
  • 通える期間が決められている
  • 課題を出さないと出席扱いにならない
などのルールがあるところもあります。一度担任の先生や養護教諭に、相談してみると良いと思います。

おすすめの利用法2親が悩みを聞いてもらう

ストレス

私は年間3000組の親子のサポートをしているのですが、子どもが荒れてしまうお母様に多いのが、自分のストレスを発散できていないケースです。

旦那さんや義母さんが、話を聞いてくれないため、お母様自身がストレスを抱え込んでしまうのです。

するとそのイライラを子どもにぶつけてしまい、親子関係が悪化してしまうのです。こういった方の場合、カウンセラーに話を聞いてもらうと、ストレスが発散できます。

ただカウンセラーは、子育ての専門家ではありません。お母様の心のケアはできても、お子さんの不登校解決のステップまで、理解できていないことがあります。※もちろん理解している方もいます。

なのでその部分については、別途専門家にアドバイスをもらった方が、良いのかなと思います。

本日のまとめ

カウンセラー

カウンセリングルームは、無料で使えるのに活用されていないことが多いです。活用できる時間帯や期間に制限はありますが、使わないのはもったいないです。
  • お母様自身がストレスを抱えている
  • 子どもがクラスになじめていない
という状況であれば、非常に役立つと思います。まずは担任の先生に相談をして、利用できるか聞いてみると良いです。

明日ですが、「子ども向け!友達から好印象を得る方法」というお話をします。今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 海外旅行

    お金をかけず家族で海外に行く裏技

  2. 廣岡正幸と道山ケイ

    廣岡先生やフリースクール関係者の方との飲み会

  3. 部活顧問

    1か月で中学校を崩壊させる方法

  4. 意見

    あなたの意見をお聞かせください

  5. 勉強

    オール5家庭教師yuki先生とは?

  6. 体に良い食物

    人間の体は●●からできている

  7. 子供荒れる

    21世紀になってから子どもが荒れ始めた2つの理由

  8. 漢検

    漢検を取る2つのメリット

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP