高校受験9割受かる子の習慣

中学生

お子さんですが「高校受験に合格したい」「何が何でも受かりたい」と思っていないでしょうか?今回は、高校受験9割受かる人の習慣をお伝えします。

私はこれまでに、3000人以上の受験生をサポートしてきました。その結果わかったことは、志望校に受かる子が必ずやっている習慣が3つあるということです。

お子さんがまもなく受験なら、この3つを伝えてあげてください。そのまま実践すれば、合格率がすぐに上がるはずです!

妄想ニヤニヤ習慣

桜と校舎

1つ目の習慣は、妄想ニヤニヤ習慣です。志望校に受かる子は、寝る前に「志望校に受かったときを想像してニヤニヤ」している子が多いです。

というのも、これをすると脳みそが「合格後の楽しい姿」をイメージします。すると、不思議なことに現実化するのです。

人間は、想像したことを現実にする力があります。受験が上手くいく子は、これを自然にやっているのです。

そこで「落ちるかもしれない」という悪いイメージではなく、「受かったら楽しい学校生活が送れる」という楽しいイメージをさせるようにしましょう。

スケジュール修正習慣

スケジュール

2つ目の習慣は、スケジュール修正習慣です。受験までの計画を立てても、予定通りに進むことは100%ありません。

受験に受かる子は、これを理解して計画を立てています。そのため、スケジュールをこまめに修正します。

そこで最初は1ヶ月毎、最後は1週間毎にスケジュールを修正させましょう。

たっぷり睡眠習慣

睡眠

志望校に合格する子は、たくさん寝ている子が多いです。睡眠時間を削ると、起きている間の集中力が下がったり、風邪を引きやすくなるからです。

そこで、6~8時間くらいはしっかり寝るようにさせましょう。どうしても勉強時間を増やしたいなら、ゲームやスマホを我慢させるのがベストです。

本日のまとめ

合格

受験に受かる子は「寝る前にニヤニヤする」「定期的にスケジュールを修正する」「たっぷり寝る」という習慣を持っています。

もしお子さんにこれらの習慣がなかったら、一つでも実践させてみてください。合格率が9割になるはずです!

明日ですが、「音楽を聴きながら勉強して集中していいの?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!高校受験9割受かる子の習慣

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 学習塾

    学習塾を変える時期とタイミング

  2. 受験

    少しでも偏差値の高い高校を目指すべきか?

  3. 受験

    【保存版】高校受験の国語勉強法

  4. 高校受験合格に必要な勉強時間

  5. 受験

    受かる受験生の1日とは?

  6. 受験

    あえて受験に失敗させるのはアリか?

  7. 高校受験対策勉強会2018の様子

  8. 受験

    志望校を下げる判断基準とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP