嫌いな子と志望校が同じになったら?

高校

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

子供は中3で受験です。

 

志望校は公立で、
通いやすくて
成績が見合うところで
決めています。

 

ところが昨年から
いじめてくる子が
同じ志望校ということがわかり
悩んでます。

 

友達に恵まれるかもしれないし、
何か引き合うものがあるから
縁をもっていると思うので、

 

愛情バロメーターをあげて
本人に自信がつく中で、
その子との関係性も変わるだろう
との思いもあります。

 

道山先生なら、
どのように
お考えになりますでしょうか?

大嫌いな子
志望校が同じになったら、
判断に迷うと思います。
その時の考え方をお伝えしますね。

愛情バロメータを上げても改善しない

愛情
最初に大事なことをお伝えします。

愛情バロメーターをあげて
本人に自信がつく中で、
その子との関係性も変わるだろう
との思いもあります。

とあるのですが、
これはなかなか厳しいです。

 

もちろんそうなったら理想なのですが、
現実問題、過去にいじめられた子と
仲良くなるのは厳しいですね。

 

これは不登校の解決策と同じなのですが、
愛情バロメータを上げていけば、
子どもの気持ちは前向きになります。

 

しかし学校の環境が悪いと、
いつまでたっても不登校は
改善できないのです。
それと同じです。

同じクラスになる確率は39%

クラス
ではどうしたら良いのかというと、
状況だけ伝えたうえで、
子どもに決めさせるのが良いです。

 

まず伝えるべきことは、
その子と同じクラスになる確率です。

 

8クラスある学校であれば、
1年目に同じクラスになる確率は
13%です。

 

それが3年間あるとすると、
39%の確率でどこかのタイミングで
クラスが同じになる可能性があります。
これをお子さんに伝えます。

 

もちろん、
  • 高校生になると大人になるから、
中学の時のようないじめになる可能性は少ない
  • 高校の先生に違うクラスにできるように頼むつもり
 

という点も伝えます。
その一方で、

 
  • 高校の場合義務教育ではないから、
いじめがきっかけで不登校になったら退学
  • 中学校ほど先生が助けてくれない
という事実も伝えます。
そのうえで子どもに決めさせます。

逃げることはカッコ悪いことではない

褒める
上記の話をした結果お子さんが、
「じゃあ他の学校を受ける」
という選択をしたとします。

 

すると、
「いじめっ子のせいで、
自分の進路を変えるなんてもったいない」
と思われる方がいるかもしれません。

 

私も同じタイプなので、
その気持ちはよくわかります。

 

しかし80年ある人生のうち
1度や2度逃げることは
誰でもあります。

 

それはカッコ悪いことではありません。
むしろ自分を守るために行う
勇気のある決断です。

 

ですのでお子さんがもし、
進路を変える決断をしたなら、
褒めてあげてください。

本日のまとめ

進路
自分の人生を決める進路。
それをいじめっ子のために変えるのは、
正直腹立たしいことだと思います。

 

ただ長い目で見ると、
再びいじめを受けて不登校になり、
高校を退学するくらいなら、
先に変えたほうが良いです。

 

こればかりは、
クラスが決まらないとわかりません。
ただ子どもにどうしたいか
決めさせることが大事なのです。

 

明日ですが、
「IQよりも大切な3つのQ」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 勉強

    宿題に時間がかかる時のチェックポイント

  2. 費用

    親から逃げる場合に必要な費用

  3. 学校の先生

    良い先生がいる高校を見分けるコツ

  4. ゲーム

    ゲームの時間が守れない時の解決法

  5. 性

    親は子供の性教育をすべきか

  6. いじめがトラウマで人間関係が苦手になってしまった場合の対処法

  7. ダラダラせずに勉強

    だらだらテレビを見ないで勉強する方法

  8. わがまま

    わがままと甘えの見分け方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP