約束を守らない子の危険な心理

約束

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

娘は、宿題をしません。夜は勉強の為と、私の携帯を時間を決めて渡しても時間は守りません。私の何を気をつけたらいいのかさっぱりです。アドバイスお願いいたします。

「子どもが約束を守らない」「約束の決め方がわからない」と悩んでいないでしょうか。今回は、子どもが約束を守れない理由と、守れるルールの決め方をお伝えします。

スマホ、ゲーム、勉強すべてに使える話です。子どもが約束を守れるようになれば、親のストレスも無くなります。

成績も上がりやすくなるので、ぜひ実践してみてください。一緒にお子さんの未来を明るくしていきましょう。

約束を守れない2つの理由

親子

子どもが約束を守れないのは、2つの理由があります。1つ目は、愛情バロメータが低いからです。子どもは、嫌いな親の言うことは聞きません。

2つ目は、約束が厳しすぎるからです。たとえば、携帯は20時までというルールを決めているとします。

しかし、周りの友達がみんな22時までラインをしているのなら、この約束を守るのは難しいでしょう。

まずは愛情バロメータUP

愛情

子どもに約束を守ってもらうためには、愛情バロメータを上げないといけません。

最低限、学校で起きた他愛もない話ができるようにしましょう。親の意見を押し付けず、子どもの意見を聞いてあげることが大切です。

愛情バロメータが上がれば、子どもは精神的にも落ち着きます。不登校などの問題行動も改善できるでしょう。

愛情バロメータの仕組みや上げ方については、思春期の子育て無料講座で詳しく解説しています。

>>思春期の子育て無料講座

守れる約束を決めよう

話し合い

子どもに、親の決めたルールを押し付けても、守ることはできません。ルールは、子どもと話し合って決めましょう。

子どもの意見をワガママと捉えずに、まずは話を聞くことです。また、ルールを決めたらすぐに上手くいくことはないと思っておいたほうが良いです。

1週間試してみて上手くいかないなら、ルールを変更をしましょう。守れないルールは、ないに等しいからです。

本日のまとめ

親子

愛情バロメータが低かったり、約束が厳しすぎると、子どもは約束を守ることができません。愛情バロメータを上げて、守れる約束を子どもと一緒に決めましょう。

親がルールを押し付けても、守れずに終わってしまいます。1週間試してみて、うまくいかなければルールを変更するくらいの柔軟さも必要です。

明日ですが、「子ども向け!早起きする方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!約束を守らない子の危険な心理

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 朝起きられない

    朝起きない子どものサポート法

  2. 志望校の偏差値を下げるのはNG?

  3. 母親

    子どもを愛せない親の特徴と解決策

  4. 教室

    学校が怖い不登校の解決法

  5. テレビ

    ドラマ隣の家族は青く見えるは要チェック

  6. 勉強

    左脳と右脳を活用して勉強しよう

  7. スマホ

    1日スマホしか見ない不登校の解決法

  8. アメリカ在住で不登校が改善した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP