進路が親と子で意見がわかれるときは?

親子

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中1息子の進路についてです。うちの子は、調理師免許がとれる学科に行きたいそうです。

ただ、親としては普通科の高校から調理師関係に進んでもよいのでは、大学進学も視野に入れて欲しいと思っています。

反抗期もあり、どうサポートすればよいでしょうか。料理に興味があることは小学生からで、勉強に興味が持てないのは私の過干渉が原因と今は思っています。

専門科高校に進学しようか、普通科から大学進学しようか、親子で悩まれたことってないでしょうか?進路の話で親子が対立する場合、明確なやり方があります。

それを行うと、子どものやる気もアップして志望校にも合格できるようになります。一方、間違ったやり方で進路を決めると、後悔することになるでしょう。

お子さんの明るい未来を作るために、参考にしていただければ幸いです。

大前提!進路は子どもに決めさせよう

親子

高校は、子どもが通うところです。そこで、親子で進路の意見が分かれたとしても、最終的には子どもに決めさせるのが原則です。

ただ、悪い条件が2つ重なると、子どもは間違った進路選択をしてしまう場合があります。

1つ目は、親子関係が悪いことです。この状態になると、子どもは本心を親に話さなくなります。すると、反抗心から間違った進路選択をしてしまうのです。

2つ目は、視野が狭くなってしまっていることです。自分が知っている範囲からしか高校を選べないと、さすがにうまくいきません。

お子さんがこの2つの状態になっているなら、親のサポートが必要になります。

まずは愛情バロメータUP

愛情

まずは、親子で他愛もない話ができるレベルまで、愛情バロメータを上げていきましょう。今回の相談者さんの場合、「私は過干渉」とあります。

ただ、子どもが親に自分の希望を伝えられているので、そんなにひどい状態ではないでしょう。

まだ中1ということなので、あまり深く考えすぎなくても大丈夫です。今は、話を聞いてあげたり、一緒に調べたりしてあげることが大切だと思います。

もしお子さんと話ができない状態なら、「思春期の子育て講座」を参考にしながら愛情バロメータをあげてください。

>>思春期の子育て無料講座

選択肢を出そう

親子

今回の相談者さんのお子さんのように、調理師科高校(専門科高校)しか知らないと、そこしか見えません。そこでいろいろな選択肢を考えるために、資料を集めましょう。

このとき、親が「普通科に行かせたい」という気持ちが強すぎると、子どもは話を聞かなくなります。誘導されると思って、反発心が出てくるからです。

親はあくまでもサポーターです。専門科高校、普通科高校から大学、普通科高校から専門学校など様々なルートを考え、提案してあげましょう。

そして、「最後はあなたが決めればいいよ」「こういう選択肢もあるよ」という姿勢で向き合うことが大切です。

本日のまとめ

指差し

進路選択の大原則は、子どもに決めさせることです。ただ、親子関係が悪かったり、視野が狭い状態だと誤った選択をすることがあります。

まずは、親子で他愛もない話ができるまで、愛情バロメータをあげましょう。その後、いろいろな選択肢を提案しましょう。あとは、自分で考えて決断するはずです。

明日ですが、「簡単にできる愛情不足の解消法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!進路が親と子で意見がわかれるときは?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 中学生

    毎日楽しくない子に親ができる2つのこと

  2. ゲーム

    フォートナイト依存の解消法

  3. 受験

    偏差値が足りない志望校の目指し方

  4. 約束

    約束を守らない子の危険な心理

  5. 勉強

    勉強を計画通りに進める2つの裏技

  6. スマホ

    スマホのルールがなくても勉強できる子の特徴

  7. 高校受験1週間前に大事なこと

  8. 起きられない

    朝起きられない子に親ができること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP