志望校は校風と部活のどちらで選ぶべき?

部活

先日こんな相談を頂きました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

最近息子が、
志望校を変更しました。

当初の志望校は
偏差値が低いのですが、
やりたい部活があり、
専門の先生もいます。

しかし先輩から、
不良が多い学校と聞いたため、

いじめのターゲット
になると嫌だと、
第2志望の高校にしました。

第2志望の高校では
やりたい部活がない
わけではないのですが、
専門の先生がいません。

親として絶対行く!
と決めていた高校を
不良がいるらしいという理由で
変える気持ちが理解できません。

高校受験は子どもにとって、
人生を決めるかもしれない
大事なテストです。

だからこそ、
最後まで進路で迷うのは、
当たり前のことです。

では校風と部活動では、
どちらを優先して
志望校を決めるべきでしょうか?
私なりのアドバイスをまとめます。

この視点さえブレなければ、
志望校で迷うことはなくなります。

何を優先すべきかは子どもに決めさせる

高校
結論を言います。
校風と部活動、
どちらを優先すべきかは、
子どもに決めさせるのが良いです。

 

なぜなら、
  • 校風よりも部活動の方が大事
というのは親の価値観だからです。

 

これが正しいという真理ではなく、
人によって異なる価値観だからです。
子どもが部活動よりも校風を優先したいなら、
それを応援してあげればよいと思います。

 

もし親の想いを伝えるなら、
強制してはいけません。

 

「お母さんなら部活を優先するけど、
最後どうするかは自分で決めればいいよ」
と伝えるのが良いです。

想像で決めるのはもっと良くない

手順
ただ今回の相談者の場合、
進路選択をするうえで
大事な点が抜けています。
それは「高校見学」です。

 

相談者のお母様が言うように、
先輩からの情報だけで、
進路を決めるのは危険です。

 

実際に見学してみたら、
それほど荒れていないということは
よくあるからです。

 

ですので、
  1. 一度親子で高校を見学に行く
  2. そのうえで進路を決める
という手順が大事になります。

 

実際にあれている学校なら、
お母様自身も
「この高校に入れるべきではない」
と思うかもしれませんので。

本日のまとめ

合格
志望校を決めるときに大事なのは、
実際に見に行くということです。
これをするかどうかで、
高校受験の成功率は3倍くらい変わります。

 

見学してみて、
「やばい!この高校楽しそう」
だと感じればやる気も出ます。

 

また行きたくないと思ったら、
後悔する前に進路を変えたほうが良いです。
まだやっていなければ必ずやってくださいね。

 

明日ですが、
「ドライアイ=視力低下の原因」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 親子勉強

    子どもは親と一緒に勉強しても良いのか?

  2. 英語

    英語が超苦手な時の勉強方法

  3. 反抗期

    子どもの反発に耐えられない場合

  4. パソコン

    パソコンを使用した塾は効果的か?

  5. パソコン

    動画授業アプリの上手な活用方法

  6. 将来の夢

    子どもに必要な力を見極める方法

  7. 高校受験

    高校受験前日と当日の勉強法

  8. 物事がうまくいっていない時の解決法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP