発達障害グレーゾーンの子のサポート法

子育て

最近、発達障害グレーゾーンの子が増えています。私もその一人で、小学生のころ授業中に座っていられませんでした。

「うちの子、発達障害かも」と思ったことがある方も多いと思います。そこで本日は、発達障害グレーゾーンのチェック方法と親ができるサポート方法を解説します。

ここが理解できていれば、無駄に子どもとぶつかることがなくなるでしょう。お父さんお母さんも、子育ての負担を減らすことができるはずです。

発達障害簡単チェック法

チェックする

最初に、簡単にチェックを行います。次の10個の質問のうち、お子さんはいくつ当てはまりますか?
  1. 授業を最後まで集中して受けられない
  2. 毎週1回以上忘れ物をする
  3. 他の子よりもカッとなりやすい
  4. 効率のいい勉強法をしても成績が上がらない
  5. 他の子よりもこだわりが強い
  6. 友達を作るのが苦手
  7. 計画が崩れるとイライラしてしまう
  8. 学校のルールを守れないことがある
  9. 友達との約束を忘れることがある
  10. 他の子と考え方が違うことが多い
ここで3つ以上に該当するなら、発達障害グレーゾーンの可能性があります(もちろん、愛情不足など他の要因もあるのであくまでも可能性です)。

もし当てはまったとしても、悲観的になる必要はありません。私自身も3つ以上当てはまりますが、今こうして問題なく生活できているからです。

ただし、発達障害の特徴を理解し、特徴に合わせて対応するということが大切です。これができると、発達障害も一つの才能に変わります。

まずは特徴を理解しよう

カッとなる

お子さんが発達障害グレーゾーンに該当する場合、まずは特徴を押さえておきましょう。子どもの行動や気持ちを、理解できるようになるからです。

ADHDタイプは、カッとなりやすい、注意力が散漫で忘れ物をしやすいという特徴があります。

アスペルガータイプは、人間関係の構築が苦手、想像力が乏しいという特徴があります。

友達とのトラブルが起こりやすく、予定が変わるとパニックになることも少なくありません。

学習障害タイプは、読み書きだけ、計算だけ、英単語だけなど、どこかの分野が極端に苦手なことが多いです。

それぞれの特徴をおさえて、特徴に合った対応をすることが大切です。

特徴に合わせて対応しよう

親子

ADHDタイプでよくあるミスが、子どもがカッとなっているときに、親も一緒になって叱ってしまうことです。

これでは、事が大きくなるだけです。少し待って落ち着いたタイミングで、「あれはよくなかったよね」と冷静に伝えましょう。

注意力が散漫なのは、仕方のないことです。忘れ物を防ぐよう、親が事前に準備をしてあげるといいでしょう。

アスペルガータイプは、あらかじめ学校の先生と連携をとっておきましょう。先生が間に入ることで、友達関係がうまくいくことが多いからです。

予定の変更はできる限り減らし、万が一変わりそうであれば、事前に伝えておくようにしましょう。

学習障害タイプは、文章を読むのが苦手なら親が読む、文字が苦手ならイラストや写真を使うなど、苦手なところを親が補ってあげましょう。

最も大切なのは良好な親子関係

親子

発達障害グレーゾーンであっても、特徴を理解し、その特徴に合わせて対応することで、問題なく生活することができます。

このとき大切なのは、良好な親子関係です。ここができていれば、症状も軽くなります。日ごろから愛情バロメータを上げることが大切です。

明日ですが、「共働きで子どもに勉強を教えられないときは?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!発達障害グレーゾーンの子のサポート法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 勉強しない

    高校生の子どもが勉強しないときは?

  2. テレビ

    アニメ中毒の子供の人生サポート法

  3. 親子

    子どもが伸びる親の特徴TOP3

  4. 場面緘黙症

    子どもの場面緘黙の改善法

  5. 親子

    甘えてくる子どもへの対応法

  6. 父娘

    中学生の娘に父親がすべき3つのこと

  7. さびしい中学生

    新学期に子供が友達グループに入れなかったら?

  8. 起きられない

    朝起きられない子に親ができること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP