キレやすい子が育つ家庭の特徴

キレる

子どもが思い通りにいかないとすぐにカッとなったり、物に当たっていたりすると、将来が不安になりますよね。

もちろん、性格や気質による部分もあります。ただ、環境によって左右される部分もかなり大きいのです。

ここでは、子どもがキレやすくなってしまう家庭の特徴を3つご紹介します。

この3つに気をつけて子どもと向き合っていけば、無駄にぶつかることもなくなり、子育てが楽になるはずです。

1.ルールが多すぎる

ルール

1つ目は「ルールが多すぎる家庭」です。勉強や生活面など、さまざまなルールを決めている家庭は多いでしょう。

もちろん、家族みんなが過ごしやすくするために、ある程度のルールは必要です。ただし、あまり多いと逆効果になってしまいます。

ルールに縛られすぎると、常にイライラした状態になってしまうからです。続ければ爆発して、キレることに繋がってしまうでしょう。

ルールをつくる場合は数を少なくするか、破った場合の注意の仕方に気をつけることが大切です。

2.夫婦関係が悪い

夫婦喧嘩

2つ目は「夫婦関係が悪い家庭」です。親同士の仲が悪く、よく言い合いをしているような環境では、家庭の空気を悪くします。

子どもは、そのような空気に非常に敏感です。イライラとした空気の中で暮らしていると、だんだん子どももイライラして、キレやすくなってしまいます。

悪い空気が家庭内に充満しないように、まずは夫婦で話し合いましょう。少なくとも、子どもの前では言い争いをしないことが大切です。

イライラとした空気が家庭内からなくなれば、子どももイライラする頻度は減っていくでしょう。

3.家がモデルルームのようなきれいさ

リビング

3つ目は「度を超えてキレイな家庭」です。これだけ聞くと「どこが悪いの?」と思われるかもしれません。

しかし、モデルルームのようにきれいな空間では、家庭の居心地の良さのようなものが感じにくくなってしまいます。

子どもにとって、家はくつろぐことができる場所です。学校でたまったストレスが家庭でも解消できないと、キレやすくなるでしょう。

もちろん、子どもがきれい好きでリラックスできているなら問題ありません。そうでないなら、少し気を抜けて安心できる空間にしましょう。

本日のまとめ

家族

子どもがキレるのは、単に反抗期だからというだけではありません。家庭環境が左右している部分も、多いにあります。

子どもにとってストレスがたまらない、ストレスを発散できる家庭にしましょう。それだけで、落ち着くはずです。

明日ですが、「親が一緒に勉強するのはいい?悪い?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!キレやすい子が育つ家庭の特徴

関連記事

  1. 子供

    学校を休んだ方がいいサイン3選

  2. 子供

    動きが遅い子どもの原因と対処法

  3. 親子の会話が増え志望校に合格した成果報告

  4. 親子

    子どもの長所を見つける3つの視点

  5. 過干渉

    過干渉で育った子どもの特徴

  6. 反抗期

    子どもの反抗期を終わらせる方法

  7. ゲーム

    ゲームばかりで宿題をしない子へ対応法

  8. スマホ

    インスタ映えする子育ての危険性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP