毎日明るい言葉を使うようにしよう

不登校

nblog1

↑ 道山はいま何位?

今日はあなたに一つ宿題を出します。
その宿題は何かというと、
「子供との会話を録音する」と言うことです。
なぜこれをして欲しいのか?

実はあなたが普段使っている言葉の
一つ一つが、子どもたちの成長に、
大きな影響を与えているからです。

ミラーニューロン効果って知っていますか?

親子 あなたは「ミラーニューロン効果」
という言葉をご存知でしょうか?
人間と言うのは知らないうちに、
周りにいる人の影響を受けてしまうというものです

 

よくビジネス書などに、
「あなたの年収は、
あなたが今親しくしている人10人の平均になります」
と書いてあるのですが、

 

これはミラーニューロン効果のことを
言っている話です。
そしてこのミラーニューロン効果というのは、
親子の間でも影響があります。

 

私も教師をしていたのでわかるのですが、

 
  • 暴力的な親の子どもは暴力的
  • マイナス思考の親の子どもはマイナス思考
  • 明るい性格の親の子どもは明るい性格
 

である可能性が8割くらいです
※友達や遺伝などの影響も受けるので、
100%親の影響では決まりません。

もしあなたがマイナス言葉を使っていたら?

悩み
ではどうして今日、
「あなたとお子さんの会話を録音しましょう」
という宿題を出したのかというと、

 

もしあなたが使っている言葉がマイナス言葉だったら、
知らないうちにお子さんもそのマイナス言葉の
影響を受けてしまうからです。

 

例えばお子さんが不登校になった時、
学校に行かないと将来の人生がダメになるよ
と言うか、

 

無理しなくていいよ。お母さんは、
あなたが生きているだけで幸せだからね。

 

と言うかあなたはどちらを使うでしょうか?
前者であればお子さんは、
「私の人生はもうダメになるんだ」
と考え、その影響を受けます。

 

その結果、

 
  • さらに部屋に引きこもるようになる
  • 使う言葉が「ダメ」「無理」「近寄るな」になる
 

というような悪影響になっていきます。

 

逆に後者であればお子さんは、
「私がどんな人間であってもお母さんは愛してくれる」
と考え、その影響を受けます。

 

その結果、

 
  • まずはフリースクールに行ってみようと考える
  • 文化祭のタイミングで再登校してみようと考える
  • 使う言葉が「何とかなるよね」「頑張ってみるね」になる
 

というような良い影響になります。

子どもを変えたければまずは自分が変わろう

つまりあなたのお子さんや旦那さんが、
毎日マイナス言葉ばかり使っていたら、
それはあなたがマイナス言葉を使っている
と言う可能性があります。

 

だからまずは、
自分が普段使っている言葉
見直してみてください。

 

そしてあなた自身がマイナス言葉を
知らないうちに使っているとしたら、
それはあなたが接している人が、
マイナス言葉をたくさん使っている可能性があります。

 

だから、

 
  • プラス言葉を使う人が多い職場に変える(パート先)
  • プラス言葉を使う友達と接する機会を増やす
  • マイナス言葉を使う友達と接する機会を減らす
 

など、あなた自身の環境を変えてみてください。
知らないうちにあなた自身の言葉や考え方が変わり、
それがお子さんに対して良い影響を与えることになります。

 

明日ですが、
「子どもから嫌と言われる授業参観に行くべきか?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. 家族

    父親と母親の役割の違いとは?

  2. 時間管理

    道山流!効率の良い時間管理術

  3. 人生

    子どもにとっての幸せな人生と不幸な人生

  4. 夢

    夢の正体とは!?職業ではない!

  5. 人が求めるものは3つしかない!

  6. 努力

    勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし

  7. ビリギャル

    中学生の保護者の方に必ず見ていただきたい映画

  8. 食卓を囲む

    過干渉の親がしがちな3つの声掛けの特徴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP