子供との理想的な距離感について

親子

子どもとの距離感って、
非常に難しいと思いませんか?

あまり近くでいろいろ手伝いすぎると
ウザイ!って言われますし、
あまりほったらかしにし過ぎると、
悪さをしたりしますし、

親として本当に、
頭を悩ませる問題だと思います。

そこで本日は、
「道山流!正しい子どものとの距離感」
についてお話しします。

 

子どもが望むことだけをすればOK

子育て
まず近づく話をします。
親として子どもの何を手伝ったり、
やってあげたりすればよいのか?

 

この答えは、
「子どもが望むことであれば全部OK」
になります。

 

例えば子どもが、
「服が着られないから着せてほしい」
と言えば着させてあげればOKです。

 

「一緒にお風呂に入りたい」
と言えば、一緒に入ってあげてOKです。

 

というか、
子どもが小さかった頃は、
当たり前にやってあげていたことですよね

 

こういったことは、
子どもが中学生になっても大人になっても
やってあげれば良いわけです。

絶対にダメなことは伝えてOK

たばこ
ただお子さんが、
「タバコ買ってきて」と言ったら、
これは明らかにおかしいですよね

 

また、
「現金10万円くれ」って言ったら、
これもどう考えても普通じゃないですよね?

 

こういった普通じゃないことに対して、
「子どもが要求しているから聞こう」
と思ったら大間違いです

 

冷静に考えて、
  • これは中学生として間違っている
と感じる要求は聞いてはダメです。

 

もちろんお子さんが大学生になり、
「おやじ!タバコ1本頂戴」
というならあげてOKです。

 

その子の年齢を考えて、
法律的に違反するとか
普通に考えたらおかしいとか、
そういったことはダメと言うわけです。

その子に合った距離感で接していこう

飲み物
最後に離れる話をします。
例えば子どもが部屋で勉強している時、
30分に1回飲み物を持ってきたら、
さすがにうっとうしいですよね?

 

でも2時間に1回くらいであれば、
気遣いと考えられるのではないでしょうか?

 

ただここで大事なポイントがあります。

この30分に1回だとウザイ、
2時間に1回だと気遣いという感覚は、
あくまでも私の感覚です。

 

私とあなたのお子さんは、
全然違うわけです。

 

子どもによっては、
2時間に1回でもウザイと感じる子もいれば、
30分に1回ではなくずっと一緒にいたい
と思う子もいます。

 

つまり子どもによって、
適度な距離感と言うのは異なるわけです。

 

子どもたち一人ひとりに合わせて、
適度な距離感を把握して、
接していくことが大事なるわけです。

 

まとめると、

 
  • 距離感に正解はない
  • 距離感は一人一人違う
  • その子に合わせていくのが大事
ということになります。
兄弟によっても全然違うので、
この辺りを少しだけ意識してみると、
今より更に良好な親子関係ができると思います!

 

明日ですが、
「質の良い空間に子どもを連れて行こう」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. ヨガ

    体を柔らかくする一番効率的な方法

  2. ゲーム

    ゲームがやめられない場合のサポート法

  3. ゲーム

    休校延長中に勉強しない悩みの解決法

  4. 学校

    受けたくない授業を休ませるのはアリ?

  5. 親子関係

    子どもへの接し方が変わると子供の表情が変わる

  6. ゴールデンウィーク

    ゴールデンウイークにやるべき3つの行動

  7. 本

    不登校で悩んだ時のおすすめ本

  8. 心配

    子どものことを必要以上に心配する方が多いです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP