新学期で注意すべき2つのポイント

桜

4月になりました。まもなく、どの学校でも始業式や入学式があると思います。実は、新学期が始まってから1週間は、最も子どもが荒れやすい時期です。

そこで本日は、この時期に子どもが荒れやすくなる2つの理由と、親ができるサポート法をまとめます。

最初の1週間を乗り切ることができれば、そのままの流れで1年間頑張ることができます。その結果、テストの点数もアップできると思うので、参考にしてみてください。

友達関係のトラブルと先生とのトラブルに注意しよう

友達

なぜ、新学期になると子どもが荒れやすくなるのでしょうか?これは環境が変わるからです。特に「クラス」と「担任の先生」が変わるのは、子どもにとって大きなストレスとなります。

一番多いトラブルは友達関係

新学期が始まるとクラスが変わります。すると、必然的に友達関係が変わります。

今まで仲の良かった友達と離れてしまったり、過去に喧嘩をした友達と同じクラスになったりするのです。

仮に友達と離れてしまったとしても、また新しい友達ができれば問題ないです。

しかし、友達作りに失敗すると、子どもは学校が楽しくなくなります。その結果、不登校などの問題行動が増えるのです。

次に多いのは担任の先生とのトラブル

クラスが変わると同時に、担任の先生も変わることが多いです。すると、クラスのルールが変わります。

例えば、今までは、「チャイムが鳴り終わるまでに席に座らないと遅刻」というルールが、先生が変わったことによりと「チャイムが鳴った瞬間に席に座っていなかったら遅刻」というルールになったりします。

本来こういったルールは、学年で統一すべきなのですが、全てのルールを統一するのは難しいです。その結果、先生によってルールが若干異なるのです。

大人からすると、「まあ先生に合わせるしかない」と思うのですが、思春期の子どもにとっては、これだけで酷いストレスを感じます。

その結果、イライラしやすくなったり、酷い場合はそれだけで不登校になったりするのです。

親がすべきことは表情の変化をチェックして、適度にガス抜きをすること

親子

こういったトラブルに対応するため、お父様お母様に行っていただきたいことが2つあります。1つは「子どもの表情をチェックする」ことです。

愛情バロメータが高ければ、子どもは親に悩みを相談します。しかし、愛情バロメータが低かったり、自分の悩みを言わない子だと、一人で抱え込んでしまいます。

そういった状態になると良くないので、適度に子どもの表情をチェックするようにしましょう。ストレスや悩みがあると、表情が曇るのでわかるはずです。

もしストレスがたまっていたら、定期的にガス抜きをしましょう。話を聞いてあげたり、週末に一緒にゲームをしたり、好きなところも連れていったりするのです。

ストレスは最初の1週間がピークです。ここを乗り越えれば、ある程度頑張れると思います。この時期だけは勉強よりもガス抜きを優先しましょう。

本日のまとめ

教室

新学期が始まって最初の1週間、子どもはこの時期にストレスを抱えやすいです。ここで「勉強しなさい」という言葉を連発すると、子どもは家庭でもストレスを抱えてしまいます。

その結果、不登校や親に対する激しい反抗を起こすようになります。そこで、表情をチェックし、定期的にガス抜きをすることを意識しましょう。

最初の1週間を乗り切ることができたら、その後スムーズに1年過ごせる確率が大きくUPします

次回ですが、「発達障害でも成績優秀を目指すことは可能?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

【記事を読んでくれたあなたに、道山からお願いがあります】

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. GW

    GWにすべき2つのサポート

  2. ゲーム

    帰宅部で友達もいない子のサポート法

  3. 子育て

    自然に子育てが上手くいく人の共通点

  4. 修学旅行

    修学旅行に行きたくない子どものサポート法

  5. 30年間カップラーメンを食べ続けた子どもの末路

  6. お小遣い

    中学生のお小遣いの金額と決め方

  7. スマホ

    子どものゲーム課金の要求が酷いときは?

  8. 学級委員

    学級委員をやりたがらない子どものサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP