学校を休んだ方がいいサイン3選

子供

学校は、子どもにとって大事な教育の場です。ただ、何が何でも絶対に行かないといけないわけではありません。

状況によっては、学校を休んだ方がいい場合もあります。この記事では、学校を休んだ方がいいと判断できるサインを3つ紹介しましょう。

紹介するようなサインを子どもが出している場合、一度学校を休んだ方が、結果的に早く問題が解決することも多いです。無理に行かせて、悪化することを防げるでしょう。

いつもの時間に起きられない

起きられない

1つ目のサインは「いつもの時間に起きられない」ことです。朝起きられないのは、大きく2つの原因があります。

まずは、疲れがたまっていることです。個人差はありますが、子どもは大人に比べると体力が少なく、どうしても疲れやすいです。

疲れがたまっている状態では、学校に行ってもきちんと授業を受けられません。無理せず1日休ませて、体力を回復したほうがいいでしょう。

次に、よく寝られないことです。何か悩みがある可能性が高いので、子どもから話を聞いてみましょう。

常にお腹や頭が痛い

頭痛

2つ目のサインは「常にお腹や頭が痛い」ことです。人間は、心の不調が体にも影響を及ぼすようにできています。

たとえばお腹の場合は、下痢や便秘、「過敏性腸症候群」。頭の場合は「片頭痛」といった症状として出ることがあります。

立ち上がった時に立ちくらみを起こしたり、長時間立っていられなくなったりする「起立性調節障害」という症状も、体が出す不調のサインの1つです。

心にくると、鬱病になることもあります。こういった体の変化がある時は、強いストレスを受けていることが多いので、まずはその原因を探りましょう。

親に「学校に行きたくない」と相談してきた

相談する子供

3つ目のサインは「親に学校に行きたくないと相談してきた」です。

子どもが親に「学校に行きたくない」と相談するのは、かなりの勇気がいることでしょう。こういった相談をしてくるということは、よほどの理由があります。

学校でいじめを受けていたり、先生と合わなかったり、友達と喧嘩していたりするかもしれません。

こうした時に「大丈夫だから、頑張って行きなさい」というような態度を取ってはいけません。子どもにとって、一生残る心の傷になる可能性が高いです。

本日のまとめ

学校

学校を休んだ方がいいサインは、「いつもの時間に起きられない」、「常に体調が悪い」、「学校に行きたくないと相談してきた」の3つです。

これらのサインを見つけたら、一度学校を休ませて、まずはその原因を探すようにしましょう。無理させると長期的な不登校になるので、注意が必要です。

明後日ですが、「子どもを愛せない母親の心理と対処法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!学校を休んだ方がいいサイン3選

関連記事

  1. 愛情不足

    子どもが愛情不足になる言葉TOP3

  2. 100点

    子どもの成績がいい親の特徴TOP5

  3. 勉強

    頭がいい子3つの意外な共通点

  4. 通知表

    オール3vsオール2勝つのはどっち?

  5. 親子

    愛情を注いでも子どもが変わらない時は?

  6. 過保護のすすめ講演会DVDの感想

    佐々木正美先生の子育てDVDの感想が届きました!

  7. 主婦

    手放すと子育てが楽になるもの3選

  8. 会話する親子

    親子関係を壊す3つの習慣

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP