学校の先生という夢が見つかった成果報告

先生

お子さんって、将来の夢をもっていますか?夢がないと、勉強のやる気もなかなか出てこないお子さんが多いと思います。

では、どうしたらお子さんに将来の夢をもたせることができるのでしょうか?

本日は、学校の先生という夢が見つかった岩井さん(仮名)の報告を交えながら、お父さんお母さんができるサポート法をお伝えします。

この対応法ができれば、必ずどこかのタイミングで夢を見つけることができます。その結果、親が何も言わなくても勉強を頑張るようになるはずです。

ステップ1 たくさんの経験を積ませる

スタジアム

岩井さんは、小さい頃からキャンプへ行ったり、習い事をさせたりと、お子さんにいろいろな経験をさせてきました。

中でもサッカーが好きだったので、小学生のときにサッカーのクラブチームに入ったそうです。家族で、スタジアムにプロの試合を観に行ったこともありました。

生でサッカー選手を見たことで、「サッカー選手になりたい」という1つ目の夢ができたそうです。

日常ではできない経験をさせることで、夢を考えられるようになったのでしょう。

ステップ2 たくさんの出会いをさせる

顧問の先生

その流れで岩井さんのお子さんは、中学生のときサッカー部に入りました。ここで、新しい夢である「教師をしながら子どもたちにサッカーを教えたい」が見つかります。

というのも、当時のサッカー部の顧問は、理科の先生でした。岩井さんのお子さんも理科が好きだったため、顧問への憧れから夢が見つかったのです。

このように人との出会いは、子どもへ大きな影響を与えます。いろんな専門家や職業の人に実際に会うことは、夢を見つかるきっかけとなるでしょう。

大前提!愛情バロメータが高くないと夢は見つからない

愛情

ここで大切なのは、私が日頃からお伝えしている愛情バロメータです。子どもは、親からもらえる愛情がエネルギーとなり、色々なことに興味を持つからです。

その結果、希望や自信を持って、夢に向かってチャレンジすることができます。つまり、愛情バロメータが高くないと、夢を見つけるきっかけが作れないのです。

現在、お子さんから学校での出来事などを話してくれるような関係ですか?これが、一つの目安となります。

まだそこに達していなければ、愛情バロメータUPを最優先で行っていきましょう。

本日のまとめ

将来の夢

子どもの夢を見つけるためには、愛情バロメータUP⇒たくさんの経験をさせ、色んな職業の方に出会わせるという流れがベストです。

勉強や受験も大事ですが、それ以上に夢を持たせることは大切です。まずはお子さんの好きな料理を作るところから、始めていきましょう。

明日ですが、「中学生までにさせるべき経験TOP5」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!学校の先生という夢が見つかった成果報告

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 塾に通わなくても30日でテストの成績が上がる勉強法実践者から頂いた成果報告(2017年度)

  2. メルマガ

    業界の有名人に紹介していただきました!

  3. 道山流で大学に合格した成果報告

  4. 合格

    別室登校から高校受験に合格した成果報告

  5. 成果報告

    愛着障害を乗り越え、昼夜逆転を直した報告

  6. 高校受験が成功する3つの条件

  7. 道山

    勉強の結果以上に嬉しい報告をいただきました

  8. 「勉強が楽しい」と言うようになった成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP