自傷行為と不登校が解決した明子さん

サムネ

明子さんは、お子さんの不登校や自傷行為で悩んでいました。お子さんはその後、学校に行けるようになり、今は社会人として元気に働いています。

では、一体どのような流れで改善したのでしょうか。直接明子さんから詳しくお聞きした内容を、お伝えします。

今お子さんが不登校だったり、反抗期で悩んでいる場合、参考にしていただければ幸いです。

お子さんが一番ひどかったときの状況は?

不登校

元々明子さんのお子さんは、食事以外は部屋にこもっており、リストカットをしたこともあったそうです。

親へのとげとげしい言葉や、「何で生きているんだろう」「お前のせいで人生がめちゃくちゃになった」などの発言もありました。

高校2年生になってから徐々に学校への行き渋りがあり、半年間ぐらい完全不登校だったそうです。

しかし、高3の9月から転校。その後は、毎日学校に通うことができ、現在は社会人として頑張っているとのことです。

明子さんが主に行ったことは?

話し合う

明子さんが意識したことは、まずは夫婦関係の改善です。

忘れかけていた夫への感謝を言葉で伝えるようにして、夫婦で子どもの状況を話し合いました。

そして夫婦で、過干渉をやめるよう意識したそうです。特に勉強や過ごし方を言いすぎるのをやめて、子ども本人に任せました。

他にも、親が明るく笑顔でいるように心がけたり、お子さんの良いところを書き出すようにしたそうです。

子どもはどのように変わったか?

親子会話

上記のような対応をしていくと、少しずつ会話ができるようになりました。お子さんは、リビングで過ごす時間が増えたそうです。

明子さん自身が「学校に行かせよう」と思うではなく、「元気で生きてくれればいい」と思えるようになったのも大きかったと思います。

その結果、お子さんも、学校を前向きに考えられるようになっていったそうです。

また、お子さんはカウンセラーの先生と話を機会を作りました。話をするとストレスが発散でき、学校へ行く後押しにもなったそうです。

こうして学校に行く準備できたタイミングで、1人の友達と出かけられるようになりました。これが、再登校のきっかけになったそうです。

不登校は親の力で解決できます

女の子

明子さんのように、子どもへの向き合い方を変えれば、不登校は解決できます。

なお、明子さんが実践された愛情バロメータを上げる子育て方は、思春期の子育て無料講座で詳しく解説しています。

よかったらこちらも参考にしていただければ幸いです。

>>思春期の子育て無料講座の詳細はこちら

明日ですが、「子どもの勉強をやる気にさせる方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!自傷行為と不登校が解決した明子さん

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. メルマガ

    業界の有名人に紹介していただきました!

  2. 2ヶ月で成績UPした成果報告

  3. 志望校に合格した子に親がしたことTOP3

  4. 内申点が3上がり志望校に合格した子のサポート法

  5. 5教科合計411点を獲得した成果報告

  6. 親子関係を再構築するためにやるべきことTOP3

  7. 5教科合計50点UPした成果報告

  8. 浅井さんの成果報告

    親子で勉強会に参加し第一志望合格

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP