子どもの勉強をやる気にさせる方法

勉強する

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

愛情バロメータは頑張っていますが、テスト前に勉強の計画を立てるのが苦手です。

一緒に考えようかと提案しても、大丈夫と言い、できません。まだ愛情バロメーターが低い、干渉しない方が良いのですか?

やらないといけないとは思ってはいるようですが、勉強すれば寝てしまう事が多く、やる気が維持できないのだと思います

愛情バロメータを上げる努力をするだけで、成績が上がる子は少ないです。その後、やる気を引き出すサポートが必要になります。

そこで本日は、愛情バロメータ以外の部分で勉強のやる気UP法について解説していきます。

同じようにサポートすれば、やる気は上がり、自ら勉強できる子になるはずです。

まずはやる気をチェック

ご褒美

今回の相談者の場合、はじめに、子どもが勉強に対してやる気があるかをチェックしましょう。

やる気がある場合、親に協力してもらってでも成績を上げたいと思うからです。

しかし、そこまでしてほしいと思っていない場合は、やる気がありません。

この場合、動機付けをすることが大切です。つらい勉強を頑張るには、理由が必要だからです。

たとえば中1~2はごほうび作戦、中3はアクティブ進路決めなど、勉強を頑張るメリットをつくりましょう。

やる気があるのにサポートを拒むときは

落ちこむ中学生

本人にやる気があるのにサポートを拒む場合、色々アドバイスをしても聞き入れてもらえないでしょう。

この場合、「失敗するのを待つ」という姿勢が大切です。

頑張ったのに成績が上がらず落ち込んだタイミングで、改善策を一緒に考えましょう。

「次のテストは、計画の立て方を変えてみるのはどう?」などと、足りていない部分をうまく伝えるといいです。

親のサポートが苦手な子の場合

家庭教師

ただし、子どもの性格によっては、親子関係がよくとも、「親のサポートなんかいらない」という子もいます。

「親に頼るのが恥ずかしい」と考える子もいるからです。これは、悪いことではありません。

こういった場合、親以外に相談できる環境をつくっておくのがおすすめです。

家庭教師、塾、学校の先生、兄姉などに、勉強のサポートをお願いしましょう。

親は親子関係をよくすることと、動機付けをすることだけに集中し、あとは外部の力を借りればOkです。

本日のまとめ

勉強する

勉強のやる気をUPさせるために、親子関係をよくすることに加え、動機付けをしましょう。

サポートを拒んでくる場合、無理に手伝うのはやめた方がいいです。家庭教師や塾の先生の力などを借りて、勉強のサポートをお願いしましょう。

明日ですが、「学校を休むべき子どものサインとは?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもの勉強をやる気にさせる方法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. テスト

    完全講義!中学生の定期テスト対策法

  2. 勉強

    コロナで遅れた勉強挽回法

  3. 中3で内申点が12も上がった成果報告

  4. 解決

    どんな悩みも解決できる3ステップ

  5. 成長

    成長が遅い子のサポート法

  6. 動機づけ

    満たされた欲求は動機付けにならない

  7. 中学生

    通信制高校に通うメリットとデメリット

  8. 腹痛

    テスト前におなかが痛くなる子のサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP