中3夏休みでどん底だった子が志望校に合格した話

成果報告

高校受験が迫っているのに、子どもの成績が上がらないと悩みますよね。でも大丈夫です。子どもが中3の夏休みまで全く勉強しない状態からでも、志望校に合格することはできます。

今回は成績がボロボロだった中3の夏休み明けから頑張り、見事に志望校に合格した田中さんの体験談を紹介しましょう。

この記事を参考にお子さんをサポートすれば、中3の夏からでも成績をグングン上げることができます。志望校にも合格できるでしょう。

中3夏休み明けテストがボロボロの状態から志望校に合格した田中さん

成果報告

今回紹介する田中さんのお子さんは、中3の夏休みまで部活三昧でした。勉強にもあまり取り組んでおらず、夏休み明けのテストがボロボロだったのです。

そういった中で、親もイライラしてしまい、子どもとの会話が減って喧嘩が増えていました。

このような時に、私がオンラインプログラムで行っている思春期の子育てプログラムに参加してくださったのです。

プログラムの参加後すぐに、決まっていなかった志望校が決まりました。つまり、子どもにとって目標ができたのです。

すると勉強も頑張れるようになり、無事に第一志望に合格することができました。

親が行った6つのサポート

卵スープ

では田中さんは、どのようなサポートを行ったのでしょうか?大きく6つのサポートを行っています。
  1. 子どもが好きなすとぷり(アイドルグループ)の勉強をする
  2. 勉強の会話をやめる
  3. 子どもが好きな卵スープを作る
  4. 高校の情報を集める
  5. 子どもの夢について話し合う
  6. わからない問題を解決するための個別塾に入れる
1~3は、親子の関係を改善するためのサポートです。4~6は、具体的に進路決定や、第一志望合格を目指したサポートになっています。

なぜ志望校に合格できたのか?

親子

では、この6つサポートをすると、どうして志望校に合格できるのでしょうか?

一番のポイントは、進路決めを親子で一緒に行ったことです。多くの中学生は、志望校を1人で決めることはできません。

そのため、親がサポートすることでようやく志望校が決まります。次に、愛情バロメータを上げたことです。親子関係が良くなって志望校が決まってしまえば、子どもは勝手に勉強するようになります。

最後に、わからない問題を解決するサポートをしたことです。わからない問題が解決できれば、子どもはさらに勉強への達成感を得ることができます。

勉強効率を上げるのは簡単です

勉強する

今回紹介した田中さんのように、子どものやる気を引き出し、成績を上げ、志望校に合格させることは、実はそれほど難しくありません。

現在私は7日間で成績UP無料講座の中で、この方法を詳しくお伝えしています。これまでに7万人以上が受講し、成績が100点以上上がった子がたくさんいる講座です。

今なら成績UPマニュアルも受講特典としてプレゼントしていますので、まずはこちらからチェックしていただければと思います。

>>7日間で成績UP無料講座の詳細はこちら

明日ですが、「不登校の子どものゲーム依存改善法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!中3夏休みでどん底だった子が志望校に合格した話

関連記事

  1. 成果報告

    不登校を乗り越え、第一志望校に合格した事例

  2. 不登校とゲーム依存が治り勉強するようになった報告

  3. 高校受験が成功する3つの条件

  4. 成果報告

    親子喧嘩が悪い状態から志望校に合格した成果報告

  5. 成果報告

    寝る直前まで動画を見るスマホ依存が改善した成果報告

  6. 成果報告

    子どもが求める勉強サポートとは?

  7. 成果報告荒井さん

    1年の学期末テストから72点UP

  8. 一緒にスマホゲームをしたところ、3週間で不登校が解決した成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP