部活で子どもがいじめられている場合の対応法

いじめ

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

うちの子は、部活のメンバー全員から、一年間に渡って完全無視されています。

Instagramにも娘とラインブロックしたとか、娘が写っていない部活の写真をアップしたり、傷つけてきます。

顧問にも担任にも相談しましたが、考えすぎ、女の子あるあるだから気にするな。と言うだけで解決せず一年間耐えてきました。

そして唯一楽しかったクラスにまで孤立させる悪口を言われたので、安定剤を飲んで学校へ通ってました。

新クラスに変わる前にその事を学校に相談したのですが、新クラスは部活の子ばかり…どう娘にアドバイスしたらよいか悩んでいます。

私が教員をしていた頃、顧問をしていた部活でいじめが起きたことがあります。現在も、いじめに関する相談をたくさんいただきます。

そこで、普段私がいじめの相談を受けた時、どういったアドバイスをしているか解説します。

今回の内容を理解していただければ、子どもがいじめられた時、最初にすべき対応が分かると思います。

その結果、お子さんのいじめに関する悩みも解決すると思うので、参考にしてみてください。

いじめられている場合、1日も早く相談してほしい

スマホ

最初に大事なことをお伝えします。今回の相談者さん以外にも、子どもがいじめられている場合、1日も早く相談してほしいです。

なぜなら、一歩間違うと手遅れになるからです。

世の中を見てください。いじめが原因で自殺してしまう子どものニュースがたくさんあります。世の中のお父様、お母様はいじめを甘く見ています。

何か起きてしまってからでは遅いです。1日も早く相談してください。相談をしてほしい理由はもう一つあります。

実は、今回のクラス編成は、本来なら未然に防げたことです。学校側がきちんと対応していれば、いじめをしている子と新しいクラスで一緒になることはありません。

それができていないということは、対応に失敗しています。今回の相談者さんの場合は後の祭りですが、正しい対応で防げることもあります。

いじめられている人は一刻も早く相談するようにしてください。

>>道山ケイに直接相談したい方はこちらから

今の学校は地獄!絶対に行かせてはいけない

親子会話

今回の相談内容に戻ります。相談者さんのお子さんにとって、今の学校は地獄です。部活でもいじめられる、さらにクラスにも部活の子がいていじめられる・・。

冷静に考えてみてください。自分の悪口を言われる場所に行っても、楽しいわけがありません。

無理矢理行かせると、それに耐えられず命を絶つということになりかねません。そんな場所に子どもを行かせては、絶対に駄目です。

ではどうすれば良いかというと、家でお父様、お母様が一緒に過ごしてあげてください。一緒にDVDを見たり、会話をしたりして、過ごすのです。

出掛けるのが好きなら、保護者同伴でショッピングモールなどに行くのも良いと思います。親子で一緒に過ごすことで、子どもの心にエネルギーが蓄えられます。

現在、相談者の子どもは、学校で悪口を言われて、心のエネルギーが切れかけています。まずはそれを戻してあげましょう。

フリースクールや適応教室に通う

受験

心のエネルギーが回復してくると、子どもは「そろそろ学校行こうかな」と言います。そのとき、フリースクールや適応教室に通うことを提案してあげてください。

最初にお伝えしたように、今の学校は地獄なので行かせてはいけません。ただ、高校入試が気になると思います。

最近なら、フリースクールや適応教室にしっかり通ってさえいれば、校長の許可によって出席扱いにしてくれます。

無理に学校に戻るのではなく、しっかりした手順を踏んで適応指導教室などに通い、出席扱いにしてもらいましょう。

テストだけ保健室などで受けることができれば、学校へ行かなくてもオール2や3くらいを取ることは可能です。高校受験もきちんと合格できます。

本日のまとめ

笑顔

いじめを甘く見てはいけません。命に関わる問題なので、子どもがいじめられている場合、一日も早く相談してください。

いじめられている子にとって、学校は地獄です。そんな場所に子どもを行かせてはいけません。家でお父様、お母様が一緒に過ごしてあげてください。

過ごし方はなんでも良いです。こういった対応をすることで、心のエネルギーが蓄えられ、子どもは「学校に行こうかな」と言い始めます。

その後、適応教室やフリースクールへ通うことを提案してください。高校入試もきちんと合格できるので、高校から再スタートを切る形で進めていきましょう。

明日ですが、「学校説明会に参加する時のポイント」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

動画で解説!部活で子どもがいじめられている場合の対応法

関連記事

  1. 子供

    だらしない子どもへの対応法

  2. スマホ

    ゲームやスマホは子どもに与えるべきか?

  3. Wi-Fi

    Wifiやスマホのデータをご褒美にするのはあり?

  4. ゲーム

    ゲームはどこまで規制すべきか?

  5. 暗記

    短時間で英単語を覚える方法

  6. 貼る

    壁に紙を貼る記憶法は効果的なのか?

  7. そろばん

    習い事と遊びどっちが大事?

  8. 縮毛矯正

    縮毛矯正は校則違反?注意されたときにすべきこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP