発達障害の子どもの勉強法

勉強

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中1の息子の勉強の仕方で親子ともに悩んでいます。サッカーチームに所属し、勉強する時間が限られています。

アスペルガーの気が少しあり、独自の考え方で物事を判断する傾向にあります。本人はやったと思っている勉強も、理解できていません。

やる気、集中力、好きなものの知識は凄いのですが、声の掛け方、教え方に悩んでいます。声かけのポイントなど教えて頂ければ有り難いです。

発達障害の有無に限らず、勉強に苦手意識があったり、なかなかやる気が出なかったりすることもあるでしょう。

そんなときは、どのように声をかけるべきでしょうか。本日は、発達障害の子への勉強サポートの方法をお伝えします。

実は親の工夫次第で、成績はどんどん上がります。一方、間違ったサポートをしてしまうと、勉強のやる気を下げてしまったり、才能を潰してしまったりするので注意しましょう。

大前提!発達障害でも成績は上がる

サポート

発達障害であっても、成績は上がります。そのために大切なのは「子どもの特徴に合わせてサポートすること」です。たとえば、
  • 集中力が短いADHDタイプの子には、短時間の勉強をさせる
  • 好きなことはとことん勉強できるが、嫌いなことはやりたくないASDタイプの子には、好きな教科から伸ばして自信を持たせる
  • 読み、書きなど特定の勉強が苦手なLDタイプの子には、できない部分は親がフォローしてやりやすい方法で勉強をさせる
というように、工夫することで苦手を補うことができます。まずはオール2をとることができれば、全日制高校にも合格できるでしょう。

ASDタイプの子の勉強サポート法

サッカー

今回の相談者さんのようなASDタイプは、こだわりが強いため、独自の考え方で勉強したがることが多いです。

このとき、もしお子さんが非効率的な勉強をしていたとしても、無理に最初からやり方を変えようとしてはいけません。

成績が上がらず困ったタイミングで、「こういうやり方もあるよ」とアドバイスをするのがおすすめです。

また、好きなサッカーに関連させて覚えるのもいいでしょう。チームや選手の出身地で地名を覚えたり、ボールの素材を調べて物質を学んだりすることもできるはずです。

さらに、サッカーが強い高校の試合を見に行くのもおすすめです。志望校が見つかれば、勉強のやる気UPにつながるでしょう。

声かけのコツ

声掛け

「声かけ」でも意識してほしいことがあります。1つ目は、きりが付いたタイミングで声をかけることです。

やっていることを途中でやめさせられると、パニックにつながるからです。お子さんの様子を見ながら、声かけをしましょう

2つ目は、事前に予定を確認することです。「宿題は何時からする?」と聞いておくことで、子ども自身も時間を意識しやすくなるでしょう。

3つ目は、好きなことをさえぎらないようにすることです。サッカーを休ませてまで勉強をさせようとすると、子どもの反発につながります。

「サッカーに影響が出ない時間だと、いつぐらいが勉強しやすそう?」というように、子どもの好きなことを優先させてあげましょう。

本日のまとめ

勉強

発達障害であっても、子どもの特徴に合わせて上手にサポートすることで成績は上がります。

ASDタイプの場合、たとえ非効率的な勉強をしていたとしても、求められない限りアドバイスはしないようにしましょう。

また好きなことを勉強につなげたり、声掛けのタイミングなどを意識したりすることで、やる気を上げることができるはずです。

明日ですが、「思春期の子に伝わりやすい声掛け法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!発達障害の子どもの勉強法

関連記事

  1. 異性と話す

    異性と話すのが苦手な子のサポート法

  2. 勉強

    中学生の勉強に対する親の役割

  3. 落ち込む

    気持ちの切り替えができない子のサポート法

  4. 勉強しない

    やる気UPのごほうび作戦が効かない子への対応

  5. 宿題しない

    宿題をしない中学生の改善法

  6. 夫婦

    夫のモラハラが酷い悩みの解決法

  7. 勉強

    勉強しているのに成績が上がらない理由

  8. 朝

    休校明けの生活リズム修正法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP