テストを欠席するとどうなるの?

欠席

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

息子が不登校です。今日から始まった期末テストですが、結局受けませんでした。2学期の中間テストも受けてません。定期テストを受けないなんて考えられません。

成績や欠席日数が心配です。テストは受けないとどうなるのでしょうか。どうすれば、受けてくれるでしょうか?

私は以前、教員の仕事をしていたので、定期テストを欠席したとき、どういう処理がされるかわかります。高校受験への影響もわかるので、今回はそれをお伝えします。

不登校でも風邪でも、欠席扱いになることは同じです。テストを休むとどうなるのかがわかれば、不安な気持ちは払拭できると思うので参考にしていただければ幸いです。

結論!見込み点がもらえる

通知表

最初に結論です。定期テストを休むと、見込み点がもらえます。今回の相談者さんの場合は、2学期のテストから受けていないとあります。

仮に、1学期は学校へ行っていて、国語のテストが70点だったとします。そうすると、2学期はテストを受けなくても、70点を基準にした6割程度の見込み点がもらえます。

この場合だと、だいたい40点くらいになるでしょう。同じように3学期のテストを欠席しても、見込み点がもらえる可能性は高いです。

ただ、2学期の見込み点である40点の6割という研鑽となるため、20点くらいになってしまう可能性が高いです。

もちろん、細かい対応方法は、学校や先生によって異なります(連続で休むと、見込み点がもらえないこともあります)。

仮に見込み点がもらえたとしても、20点だと評定は1になってしまう可能性が高いです。そうなると、高校受験に影響が出てくるのはやむを得ません。

テストを受けられるのは不登校改善後

親子

今回の相談者さんの場合は、受験をとても気にされています。しかし、きちんと学校へ行くことができるようになってからでないと、テストを受けることはできません。

現時点で学校に行けていないのなら、テストを目標にするのではなく、まず学校へ行けるようになることを目標にしましょう。

登校する場所は、教室でなくても構いません。カウンセリングルームやフリースクールでもOKです。そういう場所に、まずは「行く」ことが大事です。

ただし、「どこかに行く」ためには、エネルギーが必要です。まずは、現在不足している心のエネルギーを貯めるところから始めていただければと思います。

なお、心のエネルギーを貯める方法は、親の愛情を的確に子どもに伝えることです。つまり、愛情バロメータを上げることです。具体的な方法は、こちらで解説しています。

>>思春期の子育て講座

テストは自然に受けられる

登校する

親の愛情がしっかり子どもに伝わり、心のエネルギーが充足されれば、子どもは自然に学校へ行けるようになります。

学校へ行くことができれば、自然にテストを受けることができます。つまり、この状態まで持っていくことが、お父様お母様がすべきサポートです。

このとき注意することは、「勉強」「受験」「テスト」というキーワードを出さないことです。そのようなキーワードは、子どもにとってプレッシャーになるからです。

プレッシャーがかかると、心のエネルギーを貯めにくくなります。子どもから「そろそろ学校に行こうかな」という言葉が出てくるまでは、こういったキーワードは出さないようにしましょう。

なお、もし学校に行けるようになりテストも受けられたら、「次も頑張ろうね」と言ってはいけません。「頑張ったけど、無理しなくていいからね」と声をかけてあげましょう。

本日のまとめ

心

不登校や風邪などでテストを受けなくても、それまでの成績を元に見込み点がもらえます。しかし、見込み点はかなり低い点数です。

最終的な点数が20点以下だと、通知表の評定が1になる可能性が高いです。つまり、高校受験に影響が出てくるということです。

学校へ行くことができれば、テストは自然と受けられるようになります。まずは、学校へ行くことを目標にしましょう。

そのためには、「勉強」「受験」「テスト」という言葉は出さないように注意して、子どもの心のエネルギーが溜めることが大事です。

明日ですが、「大阪府PTA連絡協議会で講演しました!」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!テストを欠席するとどうなるの?

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 受験

    偏差値が足りない志望校の目指し方

  2. 謝る

    喧嘩している子に謝るタイミング

  3. 主婦

    成績を上げる親の関わり方

  4. 謝る

    過去の失敗を子どもに謝るのはアリ?

  5. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  6. 受験

    受験直前で成績が上がらない時は?

  7. 親子

    子どもの長所を見つける3つの視点

  8. 中学生

    友達がいない子どものサポート法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP