友達がいない子どものサポート法

中学生

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中学二年の息子ですが、なかなか友達ができにくく悩んでいます。小学校のころは、沢山いろんな子と遊んでいたのですが、中学になり、突然行き来する友達が減りました。

部活、学校、塾が忙しいから仕方ない、と本人は言うのですが、せっかくの中学生。青春がもったいない気がします。遊びに行くように促す方がよいでしょうか?

干渉しない方がよいでしょうか?教えてください

子どもが学校で友達と仲良くやれているかどうか、お父さんお母さんとしては気になるところだと思います。

そこで今回は、子どもが友達関係でうまくやれているのかどうか、それを判断する方法と適切なサポート法をお伝えします。参考にしていただければ幸いです。

結論!悩んでいるかどうかが大事

強がる

今回の相談者さんの場合、「部活、学校、塾が忙しいから仕方ない、と本人は言う」とあります。これが本心なら、まったく問題ありません。

たとえば、大人の場合なら学校を仕事に、部活を飲み会に、塾を家族のイベントに置き換えてみましょう。

「仕事と飲み会と家庭で忙しくて、地元の友達と遊ぶ暇がない」といった状況は、なんの問題もないことがすぐに分かると思います。

ただ、言っているのが本心ではなく強がっている場合は、いつか爆発してしまう可能性もあります。早めに解決することが大切です。

強がっているなら声をかけよう

愛情

もしお子さんが強がって言っているのなら、早めに手を打ったほうが良いです。この時、まずは愛情バロメータを上げましょう。

なぜなら、強がっているというのは、親に悩みを打ち明けられない状況だからです。親子の信頼関係がしっかり築ければ、不安や悩みを打ち明けてくれるようになります。

その状態になるまで、愛情バロメータを上げましょう。この時、子どもの話をしっかり聞いてあげることが大切です。

バロメータがあがってきたら、「最近何かあった?」と、声をかけてみましょう。少しでも相談してくれるようになれば、担任の先生に相談するなど、問題解決に向けて動き出すことができます。

何も話さなければ先生に相談

職員室

愛情バロメータが上がっても、親に話してくれない子はいます。子どもが高校生くらいなら、親に話したくないこともあるでしょう。

何も話してくれないのなら、担任の先生に電話で相談しましょう。ただこのとき、相談したことを本人には言わないでもらうことが重要です。

子どもの許可がない状態で勝手に相談すると、親子関係が悪くなることがあるからです。この点を伝えてから相談してみましょう。

「うちの子、最近元気がないんですが学校ではどうですか?」という感じで聞いてみます。先生のサポートがあれば、解決することは多いです。

本日のまとめ

友達

子どもが友達と遊んでいなくても、本人が悩んでいないのなら、まったく問題ありません。ただ、本心ではなく強がって言っている場合は、愛情バロメータを上げて相談してもらえる関係を作りましょう。

その後で担任の先生に相談すれば、問題解決に向けて前進します。先生に頼れば早く解決できることも多いので、まずは相談してみましょう。

明日ですが、「勉強効率が3倍上がる時間帯とは?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!友達がいない子どものサポート法

 

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 縮毛矯正

    縮毛矯正は校則違反?注意されたときにすべきこと

  2. 会話

    毎日子どもとしている会話をチェックしてみよう

  3. 愛情

    子どもへの愛情の正体

  4. 世界

    あなたの子育てで世界が変わる

  5. 高校生

    中学生と高校生の子育て方法や接し方の違い

  6. 過敏症の子どものサポート法

  7. 声を出す

    大きな声を出すのが苦手な子への声掛け法

  8. テスト

    わが子の性格判断おすすめテスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP