子どもの頭痛と腹痛が治らない理由

頭痛

先日こんな相談を頂きました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中学2年生の娘がいます。9月になってから、頭痛や腹痛が頻繁にあります。原因がわかりません。

病院も行きました。時間帯は、決まってなく、平日休日も決まってません。首や肩の凝りもあります。

辛そうで、今後親はどうしてあげればよいでしょう。

実は私自身も中学生のころ、毎日頭痛に悩まされていました。今振り返ると、その原因は2つあったことがわかります。そこで本日は、子どもが原因不明の頭痛や腹痛が続き、どうしたら良いかわからない場合の対応法を紹介します。

頭痛や腹痛が治ると、学校を休む確率が大きく減ります。その結果、成績も上がるようになりますし、受験の成功率もグングン上がりますよ!

原因1 学校で抱えたストレスが解消できていない

学校

私は医者ではないので、あくまでも子育て目線からのアドバイスになるのですが、子どもはストレスがたまると頭痛や腹痛を起こします。よくテスト当日になるとお腹を壊してしまう子がいるのですが、あれはまさにテストのストレスが原因です。

では、どうしたらストレスが解消できるのでしょうか?一番大事なことは、家庭の居心地を良くすることです。あなた自身に置き換えて考えてみるとわかるのですが、社会というのはストレスがたまる場所です。

子どもなら学校、親なら会社が社会です。そのストレスを唯一解消できるのは、週末に好きなことをしてリフレッシュしたり、自宅でお酒を飲んだり、ゴロゴロテレビを見て休むことですよね?

子どもたちは、週末にリフレッシュというのが難しいので、唯一ストレスを解消できるのは自宅なのです。もし自宅が居心地の悪い場所だったら、ストレス解消どころか逆にストレスがたまってしまいます。

だから、自宅にいるとき、とにかく心のストレスが取れる環境を作ることが大事です。※詳しいやり方は、思春期の子育て講座で解説しています。

>>思春期の子育てメール講座

原因2 思春期特有のホルモンバランスの乱れ

思春期

「上記の講座を読み、子どもにとって居心地の良い環境を作っているのに、子どもの頭痛や腹痛が治らない」ということであれば、おそらく思春期特有のホルモンバランスの乱れが原因です。私がサポートしている方の中にも、こういった方はいます。

この場合、無理させないことが大事です。親がすべきことはきちんとできているので、時間が経てば治ります。ここで親が焦って、子どもを頑張らせようとすると、居心地の悪い家庭に戻ってしまいます。そうなると、症状がますます長引きます。

「思春期特有の症状だから仕方ない」「今は無理しないようにしよう」という軽い気持ちで、子どもを見守ってあげてください。あまりにひどい場合は、病院に行って鎮痛剤などをもらうのも良いと思います。※私は結構使っていました。

ホルモンバランスの乱れは、子どもによって個人差があります。兄弟で同じ子育てをしていても、頭痛や腹痛が酷い子もいれば全くない子もいます。あまり、難しく考えないようにしましょう。

親ができることが何かを考える

考える

この2つの原因を読んで、あなたはどう感じましたでしょうか?もし「原因2は、親の努力でコントロールできることではない。だから、原因1だけ解消できるように子育てを頑張ろう」と思えたら立派です!子育てだけではなく、なんでも同じですが、問題には
  • 自分の努力だけで解決できる問題
  • 自分の努力だけでは解決できない問題
があります。後者に目を向けて、「なぜ解決できないんだ」と悩むと、自分自身が辛くなります。「自分にできることは何だろう?」と考え、そこだけを意識することが大事です。ちなみに子育ての場合、突き詰めていくと親にできることや「愛情バロメータを上げることのみ」というところに行きつきます(笑)

本日のまとめ

愛情

原因不明の頭痛や腹痛で子どもが悩んでいると、親としても非常に辛いと思います。「自分の子育てが悪いのか?」と考えてしまうこともあるでしょう。しかし、ホルモンバランスの乱れが原因のこともあります。

これは、親の力だけではどうにもなりません。大事なことは、今自分ができることは何かを考え、そこに意識を向けることです。誰もが必ずできる「愛情バロメータを上げること」を、意識するようにしましょう。

明日ですが、「大学入試の推薦をもらう方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

本日の記事が参考になった!という場合は、下記のボタンをクリックをいただけると嬉しいです!1位になって少しでも多くの方に「思春期の子育て法」を伝えられるように、日々記事の更新を頑張ります!

nblog1

関連記事

  1. 開花

    内気な子どもの才能開花法

  2. 中学生

    健全な反抗期と病的な反抗期の違い

  3. ねずみ

    ねずみの実験からわかるスマホ依存2つの原因

  4. 子どもにとって最適な睡眠時間とは?

  5. 親子

    なぜ子どもは悩みを話さないのか?

  6. 親子

    子どもの才能は親の能力から見つけられる

  7. スマホ

    ゲームやスマホは子どもに与えるべきか?

  8. 野球

    大谷翔平を育てた子育て理論<<7つの法則>>

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP