通信制高校の現実

通信制高校

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中学三年、不登校でほぼ家にいます。塾も通っていましたが辞めました。夏期講習もほぼ行かずにやる気がなくなっている様です。

受験しようかと夏休み前は考えていましたが、今は受験するか通信制高校へ行った方がいいのか悩んでいます。

親としてもどうしたらいいのかわからなくなっています。

多くの通信制高校は、出席日数が足りなかったり、内申点が良くないからといって落ちることはありません。

また、毎日登校する必要がないため、自分のペースで卒業まで進めていくことができます。

ただし、通信制高校でもうまくいかない場合があります。「こんなはずじゃなかった!」をなくすために、今からチェックしていただければ幸いです。

通信制高校で成功する子と失敗する子の違い

やる気がない

通信制高校は、登校日数や登校時間が自由です。そのため、自分のペースで無理なく学習を進めることができます。

また、学ぶ内容も全日制高校とは異なり、職業体験や資格取得、美容や料理などの専門的な勉強などができる学校もあります。

このように自由度が高いため、今の学校の仕組みが合わない場合は、通信制でうまくいく可能性が高いでしょう。

しかし、愛情バロメータが低いことが原因で不登校になっている場合、通信制に行ったとしても失敗する可能性が高いです。

行動するためのエネルギーが出てこないため、勉強のやる気が出ないからです。

学校に行けない理由を聞こう

親子

今回の相談者さんの場合、まずは子どもに学校に行けない理由を聞いてみましょう。

勉強内容や仕組みなどの「学校の制度」が合わないという場合、通信制高校を検討するのがおすすめです。

一方、子どもが話してくれない場合は、愛情バロメータが低いことが原因だと考えられます。

この場合、まずは、親子関係を良好にすることからはじめましょう。

友達とのトラブルが原因の場合、先生と協力をして、早めにトラブルを解決させることが大切です。

通信制高校にするか全日制高校にするか

夢

現在不登校だとしても、最初から通信制高校だけに絞る必要はありません。

全日制も通信制も含めて、お子さんが行きたい学校、学びたい内容で判断するのが理想です。

ただし、全日制高校を選ぶ場合は、出席日数の確保が必要です。また、できる範囲で受験勉強をし、定期テストだけでも受けるといいでしょう。

これだけで選択肢が広がり、お子さんの夢に近づくベストな進路が見つかるはずです。

本日のまとめ

高校

不登校の場合、通信制高校を選ぶ子は多くいます。しかし、愛情バロメータが低いと行動するためのエネルギーは出てきません。

まずは良好な親子関係をつくり、全日制と通信制の違いをしっかりと理解した上で、高校選びをしていきましょう。

明日ですが、「子どもに言ってはいけない3つの言葉」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!通信制高校の現実

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 友達

    自然な流れで嫌いな友達と距離を取る方法

  2. 兄弟

    兄は劣等性、弟は優等生の場合の子育て法

  3. 勉強

    子どもに伝えたい!勉強する意味とは?

  4. 過干渉

    過干渉をやめる3つの方法

  5. モンスターペアレント

    理不尽な教師への正しい対応策

  6. 親子

    子どもの長所を見つける3つの視点

  7. わがまま

    子どものわがままはどこまで聞くべき?

  8. テスト

    テスト本番に頭が真っ白になる悩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP