子どもに提出物を出させる方法

提出物

nblog1

↑ 道山はいま何位?

もしお子さんが、
提出物を出していなかったとしたら、
あなたはどのような対応をしますか?

実は提出物と言うのは、
親が上手にサポートをしてあげるだけで、
子どもはしっかりと出せるようになります。

子どもに提出物を出させる3ステップを
紹介したいと思います。

ステップ1 親子関係を良好にする

良好な親子関係
私は教師をしていたのでわかるのですが、
例えば子どもが提出物を出さなかったとき、
「今度の懇談会の時にお母さんに言うからね」
と言うと、

 

親子関係が良好な子どもは
「それはやめて!それまでに必ず出すから」
と言います。

 

しかし親子関係が良好でない子どもは、
「勝手にしろ」と言います。

 

親子関係が良好な子どもは、

 
  • お母さんに自分のだらしなさがばれたくない
  • お父さんに叱られたくない
 

と思っているので、
一言「親に言う」というだけで、
頑張って提出できるようになります。

 

逆に良好ではない子どもは、
先生が上手に付き合ってあげないと、
いつまで経っても提出できません。

 

まずは良好な親子関係を創ることが
提出物を出させるうえで、
最初のステップになるわけです。

ステップ2 先生に未提出の物を確認する

チェックする 良好な親子関係ができた後、
次にやっていただきたいのは、
提出できていないものを把握する
と言うステップです。

 

テスト前であれば、
課題がプリントにまとめてあるので、
それを見ながら親がチェックをすればよいのですが、

 

テスト前以外の時期は、
先生に確認をしないと、
未提出のものが把握できないです。

 

ですので少し面倒かもしれませんが、
担任の先生と連絡を取って、
最近の提出物の状況を確認すると
良いと思います。

ステップ3 一緒に提出物を行う

サポート
もし出ていないものがあったら、
それに対して子どもを叱るのではなく、
一緒にやってあげるようにしてください。

 

私の感覚だと、
多くの子供たちは、
「提出物を出したくない」
から出さないのではありません。

 

「出したくても一人でできない」
から出せないのです。

 

冷静に考えるとわかるのですが
提出物を出さなかったら、

 
  • 学校の先生から叱られる
  • 内申点が下がる
 

という2つの部分で、
大きなデメリットがあります。
だから最初の段階では、
「頑張って出そう」と思うわけです。

 

それが少しずつ時間が経つと、
徐々に出なくなっていくのですが、
これは結局「出したくても出せない」ため
出なくなってしまうわけです。

 

だから、

 
  • わからないところを親が教えてあげる
  • 時間がないなら答えを写す手伝いをしてあげる
 

というサポートをすると良いです。

 

中学生という時期は、体は大人です。
しかし心はまだまだ子供なのです。
一人でできない部分はできる限り、
あなたがサポートしてあげるようにしてください。

 

明日ですが、
「なぜ子どもは学校に行かなくなるのか?」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. 5教科合計72点UPした成果報告

  2. 100点

    高得点を維持する方程式

  3. 音読

    音読を嫌がる子どもはどうしたら良いの?

  4. 安倍総理

    安倍首相から学ぶ新時代の学級委員

  5. 親子関係

    成績が極端に悪い子は何から始めるべきか?

  6. 酷い反抗期から高校受験に合格した成果報告

  7. 転寝

    疲れて勉強できない場合の対処法

  8. タイマー学習法

    集中力を3倍にするタイマー学習法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP