風呂に入る3つのメリット

お風呂

あなたは毎日お風呂に入っていますか?
ここで言うお風呂と言うのは、
シャワーではありません。

 

きちんと浴槽につかる
と言う意味のお風呂です。
実はお風呂につかることは、
たくさんのメリットがあります。

 

もちろん私は医者ではないので、
医学的根拠のない話にはなりますが、
私自身が実践してみてわかった効果
お伝えしたいと思います。

 

※もしあなたが、
お父さんお母さんと言う立場なら、
是非この記事をお子さんに
シェアしてあげてください。

風呂に入ると体の疲れが取れる

お風呂につかる
まず一つ目のメリットは、
体の疲れが取れるということです
例えばあなたのお子さんが、
毎日部活をしているとします。

 

すると体の中に、
「乳酸」という疲れ物質が
溜まってきます。

 

これがたくさんたまってくると、
次第に慢性疲労と言う形になり、
1日中体が疲れている状態になります。

 

お風呂につかると、
血液の循環が良くなるので、
この乳酸が取れやすくなります。

肌がピチピチになる

美肌
お風呂に入ると、
必ず汗をかくと思います。

 

人間の体と言うのはすごいのですが、
汗と一緒に肌にたまっている、
汚い物質を外に出してくれます。

 

その結果、
肌がピチピチになるわけです。

 

できれば風呂に入った後で、
水を浴びると肌が引き締まり、
さらにピチピチになります。

体臭が少なくなる

体臭
お風呂に入っていない人と言うのは、
知らないうちに体臭(体が臭くなる)
出てきます。

 

部活などで日頃から、
汗をかく習慣があるならまだ大丈夫ですが、
文科系の部活で汗をかかないと、
結構体臭が出てきます。

 

そういった時にお風呂で汗をかくと、
体の中に入っている匂いの原因の物質が、
汗として外に出ていくので、
体臭がなくなるわけです。

毎日10分はお風呂につかるようにしよう

温泉
最初にも書きましたが、
私は医者ではありませんので、
「医学的な根拠はあるのか?」
と言われても困ります。

 

でも大昔の日本人は、
体調が悪いと温泉に療養に行っていました。

 

だから体調を良くするとか、
怪我をなくすという意味でも、
お風呂はかなり効果的です。
※もちろん温泉ならさらに良いです。

 

この時期は、
外が寒いので体温も下がりがちです。
毎日しっかりと熱いお風呂に入って、
体を温める良いと思います。

 

明日ですが、
「道山流!授業中眠くならない方法」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

関連記事

  1. 奨学金

    奨学金をもらってまで大学に行くべきか?

  2. クレーマー

    クレーム=鬱の兆候

  3. 遺伝

    身長と体重は遺伝なのか?

  4. 家事

    続編:お母さんの辛い一日

  5. 遊ぶことは勉強以上に重要です!

  6. イライラ

    イライラしてしまったら試合終了

  7. コミュニティ

    仕事以外のコミュニティを創ろう

  8. 価値観

    価値観を変えないと結果は変わりません!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP