元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

睡眠時間が短かくても眠くならない方法

睡魔

定期テスト前になると、
どうしても睡眠時間が減るので、
授業中や勉強している間、
眠くなってしまう子が多いです。

では睡眠時間が少ない状態でも
眠くならない方法って、
あるのでしょうか?

私が考える2つの方法
お伝えしようと思います。

熱いシャワーで睡魔軽減

シャワー
まず最初の方法は、
熱いシャワーを浴びるという方法です。

 

勉強していて眠くなったら、
お風呂に行って45度くらいのシャワーを浴びます。
すると熱いので目が覚めます。

 

できればこの後に、
冷たいシャワーを浴びて、
再度熱いシャワーを浴びると良いです。

 

心臓がバクバク動くので、
一気に目が覚めます。
カフェインなどを取るわけではないので、
体にも害がない方法です。

 

※やけどには注意してくださいね。

15分仮眠で睡魔軽減

15分
もう一つの方法は、
15分だけ仮眠をとるという方法です。
15分以上寝ると眠くなるのですが、
15分だけであれば眠くなりません。

 

少しねるだけで、
頭の中から睡魔がなくなります。
一番最強の方法は、
15分仮眠をした後にシャワーです。

 

この合わせ技をすると、
1時間くらいは睡魔なしで、
勉強できるようになります。

 

ただ1時間たってまた眠くなってきたら、
ベットに入って寝てしまい、
朝早く起きて勉強した方が良いです。

成長を考えるなら寝た方が良い

睡眠
はっきり言います。
体の成長のことを考えたら、
上記の方法は実践せず、
眠くなったらすぐに寝た方が良いです。

 

その方が、
  • 体の疲れが取れる!
  • 身長も伸びやすくなる!
  • 筋肉もつきやすくなる!
 

ので良いです。
ただこれは理想です。
現実を考えると、
毎日のんきに寝ていられません。

 

特に受験生は、
最後は睡魔との戦いになります。
短時間睡眠でも勉強していかないと、
ライバルたちに勝てないのです。

 

ですので、
基本何もない時は、
好きなだけぐっすり寝てください。

 

ただテスト前など、
多少無理をしないといけない時は、
上記の方法で対策をしてみてください。

 

明日ですが、
「2か月で400点を超えた成果報告」
というお話します。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報