志望校に落ちたら就職するという子の心理

校舎

先日こんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

いつもメルマガ楽しみにしています。
息子の行きたい高校はレベルが高く、
その他の高校になるなら
高校に行かなくてもいいと言っています。

こういった場合、
親としてどのように対応をしたら
良いのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

「行きたい高校に行けないなら、
就職する!」という子がいます。
この場合親として、
どのように対応すべきでしょうか?

次の3つのステップで、
対応していくとよいです。

ステップ1 親子関係は良好ですか?

親子
最初に考えてほしいのは、
親子関係が良好かどうかです。

 

なぜなら親子関係が悪いと、
子どもは親への反発心で、
「就職する」というからです。
これは本音ではないのです。

 

良好かどうかの見極め方は、
たわいもない話をしてくるかどうかです。
「お母さん今日学校でさ~」
というような話をしてくるなら良好。

 

そういった話をせず、
すぐに部屋に行ってしまうなら、
良好ではないと判断してください。

 

もし良好ではないなら、
思春期の子育てメール講座を読むなどして、
愛情バロメーターを上げる必要があります。
>>思春期の子育てメール講座

ステップ2 最低3つ以上の高校を見学したか

高校
次に確認してほしいのは、
最低3つ以上の高校を見学したかどうかです。
多くの子が高校も見学していないのに、
志望校を決定します。

 

これはおかしな話です。

 

映画やドラマに例えると
わかりやすいのですが、

 

「これ面白そうだな」と思って見たら、
意外とつまらなかったり、
「これつまらなそうだな」と思っていたら、
予想外に面白いものってありますよね?

 

タイトルを見ただけでは、
どれくらい面白いのか、
判断できないのです。

 

高校も同じで、
名前や評判だけで決めるのは危険です。

 

実際に見学に行ってみると、
思っていた学校と全然違う
というのはよくあることです。

 

最低3校以上見学をして、
それでも行きたい高校が一つだけなのかを
判断してください。

ステップ3 働く意欲はあるのか?

仕事
最後にチェックしてほしいのが、
働く意欲があるのかです。
私は中卒で働くことが、
悪いことだとは思っていません。

 

ただ本当に働く意欲があるかどうかは
確認すべきだと思っています。
働く意欲がないのに就職しても、
絶対にやめると思います。

 

そうなってしまうくらいなら、
レベルの低い高校に行ってでも、
将来どういう道に進みたいか
考える時間を作ったほうが良いです。

 

お子さんに、
「どういう仕事がしたいの?」
「働くのは学校よりも辛いけど頑張れる?」
確認してあげてください。

 

もし心の底から、
「中途半端な学校に行くなら、
しっかり働いてお金を稼ぐよ」
と言うなら大丈夫です。

 

適当な気持ちで言っているなら、
一度夏休みなどの時間を使って、
アルバイトをさせてみるとよいです。
働くことの厳しさがわかると思います。

 

子どもが、
「行きたい高校に行けないなら、
就職する!」という場合、
この3ステップを確認してみてください。

 

明日ですが、
「道山流!国語の勉強方法の奥義」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 友達

    恋愛がきっかけで友達からいじめを受けるときは?

  2. 父親

    父親が支配型の場合できることとは?

  3. やる気でない

    志望校が決まったのにやる気が出ない時は?

  4. 勉強時間

    勉強する時間がないという悩みは言い訳だ!

  5. 付箋

    わからない問題に出会った時の解決策

  6. 塾

    塾の進度についていけないときの考え方

  7. ストレス

    子育てストレス限界時の改善法

  8. テスト勉強

    テスト習慣のおすすめ生活リズムとは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP