元中学校教師道山ケイの公式ブログです!現在道山ケイは思春期の子育てアドバイザー、成績UPコンサルタントとして中学生の子どもやそのお父さんお母さん向けに、効率の良い勉強の仕方や不登校、反抗期の解決策などを伝える勉強会を定期的に行っています!

menu

道山ケイ公式ブログ|効率の良い勉強法や不登校解決策を紹介

部活動のキャプテンと合わない時の考え方

剣道

先日部活動のキャプテンの決め方
という記事を書きました。
>>部活動のキャプテンの決め方

そのあとこんな相談をいただきました。
※プライバシー保護の関係で、
内容の一部を変更しております。

新チームで先生がキャプテン、
副キャプテンを決めました。

ですがキャプテンは、
下手な子は辞めたらいいと
みんなの前で言う子で、

副キャプテンは言葉遣いが悪く
試合をしても審判がアウトと言っても
怒ってインにさせてしまう子です。

ほとんどの同級生は我慢と
諦めになっているみたいです
部活の顧問は3年生の担当で忙しく、
あまり関わってないそうです。

これから先、
顧問の先生も受験で忙しくなり
一層見にも来れなくなるそうです。

毎日のように、
横暴なキャプテンたちの行動を聞き
息子にどう助言をしてあげればいいのか
アドバイスいただければと思います。

部活動に熱心な先生で、
キャプテンが横暴になることは、
ほとんどありません。

しかし上記の方の顧問の先生のように、
部活動にあまり参加しない先生だと、
キャプテンがやりたい放題に
なることがあります。

この場合、
親としてどのような対応
すればよいのでしょうか?
詳しくまとめます。

子どもを守るのが親の仕事

親子
こういったケースの場合、
あなたが考えるのは、
「親として子どもを守るべきか、
それともあまり関わらない方が良いのか?」

 

という点だと思います。
いろいろな考えがあると思いますが、
私は「親として子どもを守るべき」
だと考えています。

 

今回のケースで言うと、
子どもはキャプテンの言動に、
悩んでいるわけです。

 

であれば親が学校に、
「うちの子、部活のキャプテンのことで
悩んでいるんですが、

顧問の先生はご存知ですか?」

 

と一言連絡を取ることが、
大事だと思います。
おそらくキャプテンも、
悪気があってやっているわけではありません。

 

むしろこの時期は、
ちょうどキャプテンが変わる時期なので、
キャプテンとしての責任感を果たそうと思い、
やっている行動の可能性もあります。

 

それを把握できていないのは、
顧問に責任があると思うので、
それを指摘すればよいのです。

子どもの意思を尊重することが大事

いじめ
ただここで子どもが、
「学校の先生には言わないでほしい」
と言ってきたとします。

 

この場合、
あなたならどうしますか?
私なら2週間程度見守ります。

 

なぜなら、
子どもには子どもの事情があるからです。
親が出ていったことが友達に伝わり、
いじめの原因になったら本末転倒です。

 

そういった可能性も考えて、
お子さんは「言わないでほしい」と
言っているので、
一旦は見守ってあげるのが良いです。

 

ただ、
「お母さんはあなたが心配だから、
2週間たってもキャプテンが変わらなければ、
一度先生に電話するか相談しようね」

 

と伝えてあげてください。
これも親として大事な仕事だと思います。

子どもが望むなら学校と連絡を取る

連絡
一方、
子どもが「お母さん先生に連絡して」
と言ってきたらあなたはどうしますか?

 

「それくらい自分で解決しなさい」
などと言ってはいけません。
子どもが親に頼むのは、
親を頼っている証拠です。

 

ある意味、
愛情バロメータが高いからこそ、
できる言動だと思います。

 

ただこの時、
子どもが望んでいる以上の行動は、
取らないように注意してください。

 

「こっそり伝えてほしい」と言うなら、
先生には「私から聞いたことは言わないで下さい」
と伝えることが大事です。

 

「学校に行くのではなく、
電話だけで伝えてほしい」と言うなら、
電話のみで伝えることが大事です。

 

子どもの要求以上の行動をとると、
それは過干渉になってしまうので、
注意してくださいね。

 

明日ですが、
「高校生におすすめの国語参考書を紹介」
というお話をします。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

子どもの成績を短期間で上げたいお母様へ

image

子どもの反抗期を改善したいお母様へ

思春期の子育てメール講座    
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ブログランキング参加中

ブログランキング

7日間の成績アップ無料メール講座

7日間のメール講座

思春期の子育てメール講座

思春期の子育てメール講座

オフィシャルサイト

道山ケイオフィシャルサイト

プロフィール

道山ケイ

2014年まで公立の中学校で教師をしていた。その時、学年最下位のクラスをわずか9か月で学年トップに導く。また、体育大会や合唱コンクールの2冠を取るなど、子どもたちをやる気にさせる方法を習得。その後独立し、現在はメルマガやセミナーなどを通して、中学生の保護者向けに、子どもをやる気にさせる方法や効率の良い勉強方法、正しい子どもへの接し方(子育て方法)などを教えている。

>>続きを見る

>>プライバシーポリシー・運営者情報