道山流!授業中眠くならない方法

授業中寝る子供

なぜ授業中眠くなってしまうのかご存知ですか?実は年齢によって睡魔が襲ってくる原因と言うのは異なります。小学生、中学生、高校生別でできる対応策についてまとめました。

小学生が眠くなる原因は睡眠不足

ランドセル
もしあなたが今小学生と言う立場で、
授業中眠くなっているとしたら、
その原因は間違いなく睡眠不足です。

 

ゲームのやりすぎや、
漫画の読み過ぎなどが原因で、
脳が活性化してしまい、

 

その結果睡眠の質
悪くなっている可能性があります。
まずは睡眠の質を上げるようにしましょう。

寝る1時間前はゲームをしない

テレビゲーム
ではどういった対応を
していけば良いのかと言うと、
寝る1時間前はゲームやスマホを
しないようにしてください。

 

また可能であれば、
wifiやスマホの電源もオフにして
寝るようにしましょう。

 

電波が飛んでいる状態で寝ても、
睡眠の質が下がるので良くないです。

保護者が学校の悩みなどを聞いてあげるのが大事

親子
また夜寝られない原因の一つに、
学校でのストレスが解消されていない
ということがあります。

 

学校は社会です。
社会はわがままが許されない場所なので、
必ずストレスが溜まります。

 

このストレスを唯一解消できるのが、
家庭なのです。

 

だからお父さんお母さんたちは、
できる限りお子さんの話を
聞いてあげてください。

 

子どもたちは親に話をすることで、
学校でのストレスが解消されます。

中学生向け授業中眠くならない方法

部活
次に中学生向けの話をします。
中学生の場合は小学生と違って、
部活、塾などたくさんやることがあります。
その結果睡眠不足になるのは仕方がないことです。

 

だからある意味、
授業中に眠くなってしまうことは、
仕方がないことだと言えます。

 

そういった状況の中、
どういった工夫をしていけば、
授業中の睡魔を克服できるのでしょうか?

 

一つは小学生向けの所で話をした、
睡眠の質を上げるという部分です。
それに加えていくつかできる工夫があるので、
それをお伝えしたいと思います。

こめかみのツボを押さえる

こめかみ
最初の方法は頭のツボを押さえる
と言う方法です。
目と耳の間くらいの場所(こめかみ)に
睡魔を軽減するツボがあります。

 

授業中に眠くなったら、
この部分を親指で強く抑えると、
睡魔が軽減されます。

 

もちろんやりすぎてしまったら痛いので、
力加減は自分で調整をしてください。
瞬間的に回復するのでお勧めです。

先生に許可をもらいトイレに行く

トイレ
もう一つはトイレに行く方法です。
人間が眠くなってしまうのは、
血流が悪くなるからです

 

実際に体育の時間に、
外でサッカーをしていたら、
眠たくならないですよね?

 

ずっと席に座っているから、
眠くなってしまうのです。
ですので先生に許可をもらって、
トイレに行くようにしてみてください。

 

さすがに「眠いからトイレに行く」
と言うと許可してもらえないで、
用を足すという目的を伝えると良いです。

高校生の場合は飲み物などで調整をしよう

高校
高校生の場合、
中学生よりもさらに部活や塾が
ハードになります。

 

だから普通に生活しているだけでは、
100%睡眠不足になるので、
授業中起きているのは厳しいです。

 

ではそういった状況な中、
授業中眠くならずに授業を受けている子は、
どういった工夫をしているのでしょうか?
基本的には次の2つをしていることが多いです。

小まめにカフェインを摂取する

缶コーヒー
さすがに中学生だと、
成長などの問題もあるので、
カフェインはあまりお勧めできませんが、
高校生であれば問題ありません。

 

売店などでコーヒーが売っていると思うので、
これを朝と昼に1回ずつ飲むと、
睡魔がかなりなくなります。

 

カフェオレのような甘いものだと、
あまり効果がないので、
できれば「ブラック」などを飲んだ方が、
よりカフェインを体に入れることができます。

 

ただコーヒーを飲みすぎると、
胃が荒れてしまうので、
これはこれで良くないです。
だから飲み過ぎには注意しましょう。

必要のない授業中に寝る

授業中寝る
高校生になると、
センター試験で必要な教科と、
そうでない教科が出てきます。

 

また推薦を狙う子以外は、
内申点なども関係なくなります。

 

そういったことを考えると、
自分にとって必要のない教科は、
最低限赤点にならない程度の点
取れば十分と言えるわけです。

 

だからこういった授業の時に、
先生に叱られない程度に寝て、
他の授業に備えるという方法もおすすめです。

勉強効率を上げるという発想もおすすめ

勉強
ここまで説明した方法を実践すれば、
小学生、中学生、高校生それぞれの状況で、
授業中起きられるようになる思います。

 

ただここで考えてほしいのは、
なぜ授業中起きていたいのか?
と言うことです。これは結局、

 
  • 授業を聞くことで内申点を上げたい
  • 授業と聞いてテストの成績を上げたい
 

という2つの目的があるからだと思います。
じゃあ逆に考えると、

 

例え授業中寝ていたとしても、
しっかりと内申点を取ることができ、
定期テストの点数を取ることができれば、
問題ないというわけです。

 

ではどうしたらそれができるのかと言うと、
私が現在中学生とその保護者向けに、
無料で配信している、

 

7日間で成績UP無料メール講座
一度読んでみてください。
このメール講座では、

 
  • 効率良く定期テストの成績を上げる勉強法
  • 内申点を上手に上げる方法
  • 子供の勉強に対するやる気を引き出す方法
 

などについて詳しく解説しているので、
きっとあなたやあなたのお子さんにとって、
役立つ内容だと思います。

>>成績UP無料メール講座の詳細はこちら

関連記事

  1. 中学生用辞書

    道山流おすすめ中学生の辞書とは?

  2. 褒めて育てる

    子どもは叱るべきか褒めるべきか?

  3. 家庭教師

    家庭教師の上手な活用法マニュアルを作りました

  4. 子供に合う勉強量

    勉強しかさせない=ブラック企業

  5. 勉強

    目指す点数と必要な勉強時間の目安

  6. 図書館

    やる気はあるのに家だと勉強できない子の対策とは!?

  7. 辞書

    辞書で調べる学習は効率的なのか?

  8. 図書館

    すぐに勉強のやる気がなくなってしまう原因と対処法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

道山は今何位?

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

プロフィール

思春期の子育てアドバイザー。親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。>>続きはこちら
PAGE TOP