ADHDの子どもの勉強の教え方

勉強を教える

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

ASD、ADHDを持つ中学3年男子の母です。スマホ依存から抜け出せず、全く勉強しません。スマホの制限機能を利用しても毎回突破されます。

親子関係は、良好とは言えません。ついつい余計な一言を発してしまい、言い争いになります。どうすれば良いのでしょうか?

「集中力が続かない」「すぐにカッとなる」という特徴があると、ADHD傾向があるといわれます。今回は、そういう子でも勉強できるようになる教え方をお伝えします。

お子さんがADHDでなくても、イライラしやすい性格で勉強が長続きしないなら参考にしていただける内容です。

発達障害の子でも、コツさえ掴めば勉強ができるようになります。参考にしていただければ幸いです。

結論!原因はADHDではない

親子

今回の相談者さんの場合、原因はADHDではありません。次の2つの原因が考えられます。

1つ目は、親子関係が悪いことです。親子関係が良ければ、たとえADHDでも喧嘩にはなりません。

2つ目は、アクティブ進路が決まっていないことです。目標がないために、勉強のやる気が出ていません。

つまり、スマホを取り上げたとしても問題は解決しないのです。

まずはこの問題を解決しよう

校舎

前述した2つの原因を解決することで、お子さんは勉強できるようになります。そこでまずは、親子関係を良好にしましょう。

子どもに言ってしまった余計なことをメモして、繰り返さないようにすることが大事です。

次に、アクティブ進路を決めましょう。これは、親子関係が良くなってから実践すればOKです。

行きたい高校の条件を挙げて、当てはまる学校を探しましょう。これが見つかると、やる気が出ます。

ADHDの子供の勉強サポート法

休憩

やる気が出たら、勉強のサポートをしましょう。ADHDの子の勉強をサポートするときは、3つのコツがあります。

1つ目は、勉強時間を細切れにすることです。集中力が続きにくいので、短時間ずつ取り組ませましょう。

2つ目は、イライラし始めたら休憩することです。根詰めて取り組ませても逆効果です。気分が乗らないときは、おもいきって休憩させましょう。

3つ目は、得意科目からスタートすることです。そのほうが、勉強がいやにならずに続けられます。この3つを意識してみてください。

本日のまとめ

勉強

親子関係が良好でアクティブ進路が決まっていれば、ADHDでも大きな喧嘩にはなりません。スマホのルールもきちんと守れます。

ADHDの子に勉強を教えるときは、勉強時間を細切れにする、イライラし始めたら休憩する、得意科目からスタートするのがコツです。

明後日ですが、「愛着障害を乗り越え、昼夜逆転を直した報告」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!ADHDの子どもの勉強の教え方

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 学習机

    勉強はリビングと部屋どっちですべき?

  2. 頭を抱える

    勉強が続かない悩みの解決法

  3. 内申点

    定期テストを欠席した場合の内申点の付け方

  4. 暗記

    ジニアス記憶術の正しい使い方

  5. 散歩

    休憩に散歩をするだけで成績UP

  6. 勉強

    【元中学校教師が解説】小学校の復習テストの勉強法

  7. 親子で勉強

    勉強の理解力がない子のサポート法

  8. 勉強する高校生

    9割とれる!高校生のテスト対策法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP