勉強依存になって成績UPする方法

勉強

多くの子は、勉強が嫌いです。できることなら勉強をせずに、遊んでいたいと思っていることでしょう。

しかし、勉強をせずにいられないという「勉強依存」の状態になれば、長時間でも無理なく勉強することができるようになります。

その結果、成績も上がるでしょう。本日は、そのやり方をお伝えします。

やり方を間違えてしまうと、ストレスがたまり、身体と心に悪影響が出てくる可能性もある危険な方法です。

お子さんに伝えていただく場合は、やり過ぎないように注意させてください。

勉強依存とはどういう状態?

勉強する

人が何かに依存するときは、2つの気持ちを感じます。「快楽」と「恐怖」です。

行動すると嬉しさや喜びを感じるため、依存してしまうのは「快楽」です。甘い物依存、買い物依存などが当てはまります。

一方、何かをやらないとまずいことが起こると感じるのは「恐怖」です。怒られるのが怖いから勉強している状況は、こちらに当てはまります。

勉強依存にしたい場合は、「快楽」という気持ちを上手く使うことが大切です。恐怖による依存は、長続きしないからです。

自分でできる勉強を快楽にする方法

お菓子を食べる

では、どうしたら、勉強に快楽を感じることができるのでしょうか。

勉強が終わった後で、うれしい時に行う行動をとることが大切です。

たとえば、勉強終了後に「ヤッター!」と喜ぶ。勉強終了後に、好きなことをして遊ぶ。

勉強終了後に好きなものを食べる。このように「勉強が終わった後必ずいいことがある」と体に教え込むのです。

これを1ヶ月ぐらい続けていくと、脳が「勉強は楽しいことだ」と勘違いします。いずれ、勉強をすること自体が快楽となっていくでしょう。

親子でできる勉強依存法

ご褒美

上記は子ども一人でもできる方法です。

お父さんお母さんが協力する場合は、勉強を頑張った後、褒めてあげましょう。

「よく頑張ったね」と一言伝えるだけで、子どもは喜びを感じるからです。

定期テストなどでいい点数が出たら、欲しいものを買ってあげるという方法でもいいでしょう。

勉強を頑張ることで快楽が得られれば、勉強すること自体が苦でなくなっていきます。

本日のまとめ

勉強する

勉強依存とは、勉強をせずにはいられない状態です。その状態にさせるには、「勉強=快楽」という状態にする必要があります。

そのためには勉強が終わった後、大げさに喜ぶ、好きことをして遊ぶ、好きな物を食べる、親が褒める、この方法をしてみてください。

明日ですが、「高校の偏差値は高いor低いどっちがおすすめ?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!勉強依存になって成績UPする方法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 電車

    移動中のおすすめ勉強法

  2. 頭を抱える

    成績が下がる原因と改善法

  3. 勉強嫌い

    勉強嫌いを治す方法

  4. 理科

    中学生の理科の勉強方法まとめました!

  5. 中3で5教科合計68点上がりV時回復した成果報告

  6. 勉強

    スタンディングデスクで勉強効率UP

  7. 不登校を脱出し、5教科合計462点獲得した成果報告

  8. ボルダリング

    子どものやり抜く力の育て方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP