受験勉強で睡眠時間は削るべきか?

睡眠

「受験に合格したい」という思いが強ければ強いほど、睡眠時間を削ってでも勉強する子が増えてくる時期です。

しかし睡眠時間を削ると、合格率は下がります。

そこで本日は、『親子で作る健康習慣「本番力」で受験に勝つ』という水野雅浩さんの書籍を参考にしながら

>>親子で作る健康習慣「本番力」で受験に勝つ

受験で合格するための最適な睡眠法をお伝えしていきます。この方法を意識するだけで、万全な状態で受験対策に臨むことがでるはずです。

ベストな睡眠時間とは?

テスト

以前、広島県教育委員会が、睡眠時間とテストの正答率を調べる調査を行いました。

その結果、「8時間睡眠」がテストの正答率が最も高いというデータが出ています。7時間、6時間睡眠になると、正答率が下がります。

つまり、このデータからわかることは、たとえ睡眠を削って勉強時間が増えたとしても、勉強効率(集中力)が落ちて成績が上がらなくなるのです。

8時間寝て、最高の集中力で勉強をした方が、成績が上がりやすくなるといえるでしょう。

睡眠時間を削るデメリット

風邪

睡眠時間を削ると、集中力が下がるだけでなく免疫力も落ちることがわかっています。

睡眠時間が6時間と7時間の人では、6時間の人が5倍風邪を引きやすくなるというデータがあります。

同じく7時間と8時間の人では、7時間の人が3倍風邪を引きやすくなるそうです。

つまり、理論上は6時間の人は8時間の人の15倍も、風邪を多く引くことになります。

体調を崩すと学校を休んで授業についていけなくなったり、勉強の集中力が下がったりします。これでは、合格率は下がるでしょう。

睡眠時間を確保し、集中力と体調を万全の状態にすることが、合格率を上げるためには必要なのです。

睡眠の質を高める方法TOP3

お風呂

睡眠は、時間だけでなく質も大切です。そこで、睡眠の質を高める方法を、3つお伝えします。

ブルーライトカット眼鏡を活用する

スマホや蛍光灯からのブルーライトをカットし、睡眠の質を高めることができます。

お風呂に入る

寝る90分以上前に、40℃前後のお湯に10~15分浸かるのがおすすめです。自律神経に切り替わり、身体が寝る準備に入るからです。

明日やることをメモする

明日やるべきことがわかっていれば、頭が整理されて気持ちを切り替えることができるからです。

この3つをすることで、睡眠の質を高められます。その結果、翌日集中して勉強に取り組むことができるでしょう。

本日のまとめ

書籍

本日紹介したデータや、睡眠の質を高める方法については、水野雅浩さんの書籍から抜粋したものです。

※一部私の考えも入れてあるので、少し書籍と異なる記述があるかもしれません。

体調面から受験を合格させたい場合、参考になると思います。

明日ですが、「勉強依存になって成績UPする方法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!受験勉強で睡眠時間は削るべきか?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. オール2

    オール2以下だと高校に行けないのか?

  2. 通知表

    通知表の1は高校受験に影響するのか?

  3. 理科

    保存版!高校受験理科の勉強法

  4. 勉強しない

    中3でも勉強しない子のサポート法

  5. 高校受験対策勉強会2018の様子

  6. 志望校の偏差値を下げるのはNG?

  7. 受験勉強

    受験勉強前に意識すべき2つのポイント

  8. 受験

    不登校でも全日制高校に進学可能?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP