満たされた欲求は動機付けにならない

動機づけ

nblog1

↑ 道山はいま何位?

今あなたは、落ち着いた状態で、
この記事を読んでくれていると思います。

しかし!
もし急にこの部屋の空気がなくなったら、
あなたは私の記事に興味を持てますでしょうか?

おそらく記事を読む意欲は0になり、
「どうしたら空気を吸えるのか?」
ということで頭の中がいっぱいになる思います。

普段は空気を吸いたいとは思わない

お小遣い
私たち人間と言うのは、
満たされているのものには魅力を感じません。
普段私たちが住んでいる地球には、
当たり前のように空気があります。

 

だから「空気を1000円で売りますよ」
と言われても「いりません」となると思います。
しかし急に部屋の空気がなくなったら、
「1万円でも売ってください」となるわけです。

 

実は勉強の動機付けも同じです
普段からたくさんのお小遣いをもらっている子に、
「100点取ったら1000円あげる」と言っても、
「俺お金はもうあるからいらない」となります。

 

既にお金が満たされている子と言うのは、
お金を動機づけにしてもやる気が出ないのです

物の与えすぎに注意しよう

ご褒美
私自身は、
子供の勉強のやる気を引き出すとき、
目標とご褒美を設定することを推奨しています。

 

もちろん理想としては、
ご褒美なんてなくても勉強してくれたらいいです。
しかしそれはなかなか厳しいので、
何かご褒美を設定してあげた方が良いと思っています。

 

ただまれに、子どもが何も欲しがらない
というケースがあります。

 

この場合原因は、

 
  • 親子関係が悪い
  • 物の与えすぎ
のどちらかです。

 

普段からなんでも買ってあげていたら、
子どもは勉強なんて頑張らなくても、
お願いすれば買ってもらえます。
だから動機付けにはならないのです

愛情=ものを買うことではない


こういうことを言うと、
「道山先生!愛情バロメータを上げるためには、
子どもの要求を聞いてあげた方がいいのではないですか?」
と思われる方がいると思います。

 

これはその通りなのですが、
子どもの要求というのは、
物を買ってあげることではないのです

 

むしろものを買ってあげても、
愛情バロメータは上がりません。

 

要求を聞くというのは、

 
  • 時間
  • 手間
をかけてあげるということです。

 
  • 学校の送り迎えをしてあげる
  • 一緒に旅行に行く
  • 部活の練習に付き合ってあげる
  • 子どもの好きなゲームを一緒にする
  • 大好きなご飯を作ってあげる
などです。

 

もし今子どもに対して、
ものを買ってあげ過ぎているとしたら、
一度その習慣をやめましょう。

 

物は誕生日やクリスマス、
勉強を頑張った時のご褒美だけにして、
普段はものではなく時間や手間がかかる愛情
与えてあげてください。

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
道山ケイ

 

道山のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は クリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山はいま何位?

 

関連記事

  1. 家庭教師

    嫌いな家庭教師の先生はどうすべきか?

  2. 勉強時間

    1日何時間勉強すればよいのか?

  3. 5教科の合計が449点になった成果報告

  4. 授業

    学校の授業が3倍わかりやすくなる方法

  5. テスト

    中学校の先生がテスト採点後にやっている衝撃の行動

  6. 勉強

    勉強を計画通りに進める2つの裏技

  7. 茂木健一郎

    脳科学から分かる!勉強に効果的な時間帯とは!?

  8. 学年順位が62位から33位になった成果報告

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

 
>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

PAGE TOP