子どもが勝手に勉強するようになる声かけ法

勉強

子どもに勉強をしてほしいとき、あなたはどのように声をかけていますか?このとき、間違った声掛けをすると子どもは勉強しなくなります。

本日お伝えする3つの言葉を使うと、やる気が出て自ら勉強するようになるでしょう。

その結果、成績は上がり、高校受験の合格率もグッと上がるはずです。今日から実践してみてくださいね。

第3位 学校はどうだった?

親子会話

子どもが家に帰ってダラダラしているとき、「早く勉強しなさい」と言っていませんか?

この言葉をかけると、子どもはさらにやる気がなくなります。思春期の子は、言われるとやりたくなくなるからです。

そこで「学校はどうだった?」と声をかけてあげてください。他愛もない会話をすることで、親子関係が良くなります。

さらに子どものストレスを減らすことにもつながるので、勉強へ意識を向けやすくなるでしょう。

第2位 ごほうび作戦やってみる?

ご褒美

なかなかやる気が出ない子には、この言葉をかけてあげてください。目標とごほうびを設定することで、自然とやる気が出るからです。

このとき「ごほうびなしでは、勉強できなくなるのでは?」と思われる方もいるでしょう。これは心配しなくても、大丈夫です。

一度成績が上がってほめられると、成績が上がること自体が快楽になるからです。

また、行きたい高校が見つかれば、合格のために自ら勉強するようになります。

つらい勉強を頑張るには、子どもにとっての「メリット」をつくってあげることが大切なのです。

第1位 中学卒業後はどうする?

受験

「このままだと高校行けなくなるよ」「受験生ならもっと勉強しなさい」と言うと、子どもはさらに勉強しなくなります。

そこで、自然とやる気が出てくるようにすることが大切です。そんなときは「中学卒業後はどうする?」と聞いてみましょう。

「高校に行きたい」と言うなら、「応援するよ!一緒に進路を見つけよう」と、伝えましょう。

心の底から行きたいと思える進路が見つかれば、子どもは勝手に勉強をするようになるからです。

「高校に行きたい、そのためには勉強が必要」子ども自身がこう思えるように導いてあげましょう。

本日のまとめ

勉強する

勝手に勉強する子どもになってほしいなら、「勉強しなさい」は逆効果です。

「学校はどうだった?」「ごほうび作戦やってみる?」「中学卒業後はどうする?」と声をかけましょう。

自らの意志で、勉強を頑張れる子どもになるはずです。

明日ですが、「中3でも勉強しない子のサポート法」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが勝手に勉強するようになる声かけ法

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. わずか1か月で今年度最高得点を獲得した成果報告

  2. 高得点

    【楽に85点以上取れる】実力テストの勉強法を解説します!

  3. 英語長文読解

    英語の長文読解の解き方

  4. 5教科合計481点を獲得し、志望校に合格した成果報告

  5. 割れたハート

    愛情不足の子ども3つの特徴

  6. 朝食

    朝食は何を食べるのが良いのか?

  7. 勉強

    【元教師が解説】効果的な予習と復習の仕方とは?

  8. 勉強しない

    仕事から帰ってくると子どもが勉強していない悩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP