子どもが愛情不足になりかけているサイン

愛情不足

子どもが愛情不足状態になると、様々なトラブルが起こります。不登校やひどい反抗、暴言や暴力につながることもあるでしょう。

しかし愛情不足かどうかを判断するのって、なかなか難しいと思います。

そこで、子どもがどんな状況になっていたら愛情不足なのかをレベル別でお伝えしていきます。

もし当てはまったら、最後にお伝えする子育て法をやってみてください。問題行動が落ち着き、子育てが楽になるはずです!

愛情不足の初期に出てくるサイン

わがまま

愛情不足になりかけている段階では、子どもの甘えの頻度が増え、要求の内容も強くなります。

「子どもからの甘えが急に増えた」「難しい要求をするようになった」このように感じたことはありませんか?

こういった場合、子どもは「本当に親は自分のことを愛しているのか?」という不安な気持ちになります。

その結果、甘えを聞いてくれるかどうか、親の愛情を試すのです。このとき、たくさん甘えを聞くことで子どもは落ち着きます。

愛情不足が悪化してくると出るサイン

起きられない

なかなか甘えを聞けないと、愛情不足が悪化します。すると、次のどちらかのタイプになります。

1つ目は、トゲトゲタイプです。「なんで聞いてくれないの?」という反発から反抗が激しくなり、暴言や暴力などが起こります。

元々、カッとなりやすい性格の子の場合、愛情不足が重なると症状はひどくなるでしょう。

2つ目は、繊細タイプです。「もうお願いしても無駄だ」という諦めから無気力になります。朝起きられなくなることもあるでしょう。

どちらのタイプになるかは、子どもが生まれもった気質によって決まります。

愛情不足の解決法

親子会話

では、どうすればいいのでしょうか。愛情不足を解決するために大切なのは「子どもの要求を聞いてあげること」です。

要求を聞いてもらうことで、愛情を感じることができるからです。もちろんすべての要求を聞くことは、難しいこともあるでしょう。

その場合、代案を出すことが大切です。「今日イオン連れてって」と言われたのに、忙しくて連れていけないとしましょう。

このときは「いいよ!ただ今日は仕事があるから、次の日曜日はどう?」という感じです。これなら、子どもにきちんと愛情が伝わります。

本日のまとめ

愛情

子どもは愛情不足になると、甘えが強くなります。さらにひどい状態になると反抗が激しくなったり、無気力になったりする子もいます。

愛情不足を解消するのに最も簡単な方法は「子どもの要求を聞くこと」です。ただ、どうしても難しい場合でも、一旦受け入れて代案を出しましょう。

明日ですが、「勉強を口うるさく言われた子どもの末路」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもが愛情不足になりかけているサイン

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. すぐに子どもの成績が上がる親の特徴ベスト3

  2. 自己肯定感

    子どもの自己肯定感を高める子育て法

  3. 勉強系おすすめ記事まとめ

  4. 勉強

    元中学校教師が解説!実力テストの勉強法

  5. 親子

    今すぐやめよう!成績を下げる親3つの特徴

  6. 勉強

    勉強の要領が悪い場合の対応法

  7. 勉強

    【元教師が解説】効果的な予習と復習の仕方とは?

  8. 親子で勉強

    やってはいけない勉強の教え方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP