スマホをやめさせて勉強をさせる方法

スマホ

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

中2の娘。わからないところを質問出来るタイプではなく、個別がいいと話し合い、塾から家庭教師に変えました。

しかし、携帯ばかりで宿題しかしません。どうしたらいいのかわからず悩んでいます。

子ども本人の希望で塾から家庭教師に変えたのに、スマホばかり触っているようではイライラしますよね。

そこで今回は、子どもが今の状況になっている原因と、勉強へ意識が向かうようにするサポート法をお伝えしましょう。

お伝えすることをやっていただければ、自分の意志でスマホをやめられるようになります。勉強時間が確保できるようになるため、成績も上がり、志望校の合格にも近づくはずです。

子どもが勉強せずスマホを触る理由

中学生

そもそも、なぜ相談者のお子さんは、勉強せずスマホを触ってしまうのでしょうか。主な原因が3つあります。

1つ目は、やる気が出ていないからです。スマホを我慢しようと思えるほどのやる気がないと、机には向かえないでしょう。

2つ目は、自律性が低いからです。やる気があっても、目の前にあるゲームやスマホがあると、誘惑に負けてしまうこともあります。

3つ目は、友達関係でトラブルが起きているからです。友達とのトラブルがあると、LINEなどが気になってしまい勉強に集中できないでしょう。

友達とのトラブルの場合は、先生と連携して解決するしかありません。1、2つ目は親の向き合い方で改善することができます。

やる気が出ていないときは?

ご褒美

やる気が出ていない場合は、何をすればやる気が出るかを親子で話し合うことが大切です。おすすめは、次の2つの方法です。

1つ目は、「アクティブ進路決め」です。子ども自身が、心の底から行きたいと思える進路を決めていきましょう。

これが決まれば、スマホをやっている時間がもったいないと思えるからです。志望校に合格するために、目の前の娯楽を我慢できるでしょう。

2つ目は、「ごほうび作戦」です。ごほうびがあると、それをもらうために勉強を頑張ることができます。

子ども一人ひとりによって、何でやる気が出るか違うため、まずは話し合いをするといいでしょう。

自律性が低い場合は?

タイマー

自律性が低い場合、練習して養っていくしかありません。たとえば、
  • 「今から15分だけ勉強する」と決めて、その間はスマホの音を切って目に入らないところにしまう
  • ついスマホを触ってしまうなら、勉強中だけ親が預かる
というように、スマホをやりたくてもできない環境を作ることが大切です。

たとえ最初は15分しか集中できなくても、自律性が養われてくると、20分、30分と我慢して勉強できるようになります。

まずは少しずつ、勉強に集中できる時間をつくっていきましょう。

本日のまとめ

勉強する

子どもが勉強に集中せずスマホを触ってしまう原因は、やる気がない、自律性が低い、友達トラブルの3つであることが多いです。

相談者さんの場合、まずはこのどこかに原因がないかチェックしてみましょう。その部分を改善することで、スマホを我慢できるようになると思います。

明日ですが、「子どもに英語は習わせるべき?」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!スマホをやめさせて勉強をさせる方法

関連記事

  1. 勉強

    中学1・2年の総復習を効率よく行う方法

  2. 塾

    塾で成績が伸びる子と落ちる子の違い

  3. 寝る子供

    子どもの睡眠時間が長すぎる3つの原因

  4. 勉強しても成績が上がらない時の解決ステップ

  5. 受験失敗

    高校受験に失敗した時にすべき親のフォロー方法

  6. 時計

    スキマ時間学習法を活用しよう

  7. 英語

    道山流!英語の勉強法のまとめ

  8. 勉強

    コロナで遅れた勉強挽回法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP