子どもの暴言にイライラする時は?

親子

先日こんな相談をいただきました。※プライバシー保護の関係で、内容の一部を変更しております。

不登校の中学2年の女子がいます。なにかいうと「ウルセー」といわれ、こちらもイライラし、むかついてしまいます。一緒にいたくないと思う私は、ダメ母でしょうか?

子どもに暴言を吐かれると、誰でもイライラしますよね。それが毎日のように続くと、親としてつらいと思います。

そこで子どもが暴言を吐く根本的な理由と、このとき親がすべき対応法をお伝えします。

この対応ができれば、子どもの暴言はなくなり、子育てが楽になるはずです。不登校も改善できるので、参考にしていただければ幸いです。

暴言を吐かれたらイライラするのは普通

イライラ

はじめにお伝えしたいことは、相談者さんはダメ母なんかではないということです。暴言を吐かれたら、誰だってムカついて当然だからです。

ただし「ウルセー」と言われたときに「は?!誰に向かって言ってんの(怒)」と感情をぶつけても、いい方向にはいきません。

子どもがイライラしているときは、何を言ってもムダだからです。この後説明する方法で、対処してみてください。

子どもが「ウルセー」と言う理由を考えよう

暴言

そもそも、子どもが暴言を吐く原因は、2つあります。1つ目は、親子関係が悪いからです。

関係が悪いと、子どもは家にいるだけでストレスがたまります。するとちょっとしたことで、暴言を吐くようになります。

2つ目は、言われたくないことを言っているからです。「勉強しなさい」「学校に行きなさい」「早く起きなさい」など、

子どもが嫌がる言葉をかけ続けていると、子どもは自分を守るために暴言を吐くようになります。

この2つの原因を改善することで、暴言はなくなります。親子関係が良好になれば、不登校解決にもつながるでしょう。

子どもから暴言を吐かれたら?

謝る

子どもから暴言を吐かれたら、どうするのが正解なのでしょうか?

たとえば「ウルセー」と言われたら「ごめんごめん」と言い、いったんその場から離れましょう。そして、原因を考えてみましょう。

何か嫌がる言葉を言ってしまっていたのであれば、子どもが落ち着いたタイミングで謝ることが大切です。

その後、落ち着いたタイミングで「さっきはごめんね。これからは注意するね。ただ、ウルセーって言われると悲しいな」と伝えましょう。

親子関係が良好なら「そういう言い方はないでしょ」と厳しく言ってかまいません。ただ、関係が悪い状態だと、火に油を注ぐだけです。

子どもの暴言に耐えられないときは?

精神的に参る

あまりに暴言が酷く、精神的に参ってしまった場合は、一旦子どもと離れるという選択肢もアリでしょう。

お互いに距離をとることで、子どもは親のありがたみがわかり、親も冷静になれるからです。

全寮制フリースクールなども検討してみましょう(個別で連絡をいただければ、2022年4月時点でおすすめできるところも紹介します)。

明日ですが、「愛情不足が9割治る親の習慣TOP3」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!子どもの暴言にイライラする時は?

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. ご褒美

    ご褒美を提示しても欲しいものがない場合

  2. 勉強する

    子どもに伝えたい!定期テスト対策法完全版

  3. 中学生

    中学生向け!勉強の仕方がわからない悩みの解決法

  4. 学習計画

    塾を辞めた後の学習計画

  5. テスト

    テスト本番に頭が真っ白になる悩み

  6. 30点

    平均点以下から脱出させる方法

  7. 達成感

    脳は達成感を味わうことで強くなる!

  8. 頭を抱える

    公立中学の勉強についていけない時は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP