スキマ時間学習法を活用しよう

時計

今の子どもたちは本当に忙しいです。朝7時から部活動の朝練習、9時から15時まで授業。15時から18時まで部活動の午後練習。2時間休憩して、20時から22時まで学習塾。

冷静に見ると、ブラック企業で働いているサラリーマンと同じレベルで予定が詰まっていると思います。こんな時代だからこそ活用していただきたいのが「スキマ時間」です。

そこで本日は、スキマ時間を上手に活用して、成績を上げる勉強法を紹介します。現代の中学生にぴったりな方法だと思うので、良かったらお子さんにも伝えてあげてください。

1日平均1時間のスキマ時間がある

電車移動

そもそもスキマ時間とは何かご存知でしょうか?これは、予定と予定の間の時間のことで、主に「移動時間」や「待ち時間」などが当てはまります。

以前、ある大企業が1日のスキマ時間がどれくらいあるか調査しました。その結果、1日平均1時間9分のスキマ時間があったそうです。

もしこの時間を上手に活用できれば、おそらく定期テストの点数を各教科20点ずつくらいはUPできると思います。それくらいスキマ時間は大事なのです。

トイレにいる時間=英単語の暗記タイム

トイレ

スキマ時間の代表例が、トイレにいる時間です。多くの子がこの時間はスマホをいじってしまうと思います。しかし、仮に10分間トイレにいるとしたら、その時間を全てスマホタイムにするのはもったい無いです。

予め単語カードを作っておいて、英単語を覚える時間に使ったら、毎日5個ずつ英単語が覚えられます。さすがに英単語を覚えるのは辛い!と思ったら、せめて読書の時間に充てると良いです。

読書はすぐに成績に反映されるものではありません。ただ、継続していくと国語力がUPします。たとえ、1日10分の読書でも、続けていけば1,2か月で1冊の本を読めてしまうからです。

授業が始まる前の5分間でワークの問題を3問解く

問題集

もう一つお勧めのスキマ時間があります。授業が始まる前の5分間です。休み時間は友達と話がしたいと思うので、そこを削る必要はありません。

チャイムが鳴ってから、先生が授業を始めるまでの時間を活用するのです。よほど準備の良い先生でない限り、チャイムが鳴ってから板書を始めます。すると内容がスタートするまでに、3~5分ほど時間があるのです。

例え3分であっても、1日5時間授業があれば15分になります。15分あれば、問題集1ページくらいは終わらせることができるのです。

本日のまとめ

未来

子どもたちだけではなく、大人もそうですが、今の日本は常に時間に追われています。誰もが1日のスケジュールをパンパンに詰め込んでいるため、心を休める余裕すらありません。

だからこそスキマ時間を上手に活用してほしいのです。勉強を頑張る時期であれば、勉強すればよいです。勉強が必要ない時期であれば、自分自身と向き合う時間に使っても良いと思います。

中学校を卒業したら、どういった高校に進学したいか。高校卒業後は、どんな人生を歩みたいか。将来どういった仕事をしたいか。これらを考える時間を作るだけでも、未来はかなり明るくなると思います。

明日ですが、「最近読んだおすすめ書籍(大人向け)を紹介」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

 

道山ケイのブログを少しでも楽しんでいただけた場合は、下記のボタンをクリックをいただければとても嬉しいです 🙂

nblog1

↑ 道山ケイはいま何位?

 

関連記事

  1. 勉強

    自分自身で勉強に対するやる気を出す方法

  2. 親子勉強

    子どもに付きっきりで勉強するのはNG?

  3. 親子本選び

    問題集や参考書は親が買うな!

  4. 勉強

    最下位から成績を上げる手順

  5. 勉強

    冬休みの宿題の効果的なやり方

  6. マイナス思考

    成績が下がることを恐れないようにしよう!

  7. 2019年度の勉強会の予定発表

  8. 休憩

    テスト勉強の合間にすべき休憩方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP