自閉症スペクトラムチェック

自閉症

最近、自閉症スペクトラムの子どもが増えています。「うちの子、自閉症かもしれない」と感じたことのある方も少なくないでしょう。

そこで本日は、本田秀夫先生の著書「自閉症スペクトラム10人に1人が抱える生きづらさ」を参考に

お子さんが該当するかどうか、該当する場合はどういうところを意識して子育てすればいいのかを解説していきます。

※一部、私の解釈でお伝えするところもあるため、著書の内容と異なる部分もあるかもしれません。

>>自閉症スペクトラム10人に1人が抱える生きづらさ

発達障害の子に限らず、思春期の子みんなに共通する大切なお話です。参考にしていただけると嬉しく思います。

自閉症スペクトラムチェック

チェックする

はじめに、次の2つにお子さんが当てはまるかどうかチェックしてみてください。
  1. 臨機応変な対人関係が苦手で、自分の関心、やり方、ペースの維持を最優先させたいと言う本能的思考が強い
  2. 上記の子どもの特徴によって、親が困っている
いかがでしょうか?1だけ当てはまる場合、非障害自閉症スペクトラムの可能性があります。特性はあるけれど、障害というほどではないということです。

2も当てはまる場合、自閉症スペクトラム障害の可能性があります。支援が必要な可能性があるケースです。

ちなみに私自身は、対人関係は得意ですが、自分のペースを維持したいという思考は強いです。なので、自閉症スペクトラムグレーゾーンだと思います。

自閉症スペクトラムの子育て法

自信

子どもが自閉症スペクトラムだと診断できた場合、次の2つのことを意識していきましょう。

1つ目は、「小学校高学年までは特訓をしない方がいい」ということです。発達障害の子は、得意なことと苦手なことが極端な傾向があります。

苦手なことは簡単に克服できないため、挫折につながってしまいます。小学校高学年以降に特訓した方が、克服しやすいでしょう。

2つ目は、「小学校高学年までに自信をつけさせる」ことです。小さな頃から自信をつけておけば、困難を乗り越えられるようになるからです。

自信をつけるためには、保護的な環境の提供(子どもが失敗しても守られる環境をつくる)、得意なことを十分に保障(得意を伸ばす)、

苦手な事の特訓を極力させない(苦手の克服は避ける)、大人に相談してうまくいった経験をさせる(成功体験)を意識するといいでしょう。

自閉症スペクトラムの子に上手に接するコツ

親子会話

自閉症スペクトラムの子に限らず、思春期の子全般に共通する上手に接するコツがあります。それは、
  1. 先に本人の言い分を聞く
  2. 命令ではなく提案する
  3. 言行一致を心がける(親の言葉と行動を統一する)
  4. 感情的にならない
  5. 情報を視覚提示する(イメージしやすくする)
  6. 目に見えにくいものを言語で構造化する
  7. こだわりはうまく利用する(長所と捉えて伸ばす)
の7つです。これらを意識すれば、子どもの「生きづらさ」がなくなり、子育ても楽になるでしょう。

本日のまとめ

本

自分のペースを維持したいという気持ちは、多かれ少なかれ誰でもあるでしょう。つまり、自閉症スペクトラムかどうかは、程度で決まると言うことです。

もし該当する場合、本田先生の著書は大変参考になるかと思います。

明日ですが、「教室復帰を目指すときにやるべきこと」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

動画で解説!自閉症スペクトラムチェック

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. アスペルガー症候群

    元教師が解説!アスペルガー症候群の子どもの特徴とサポート法

  2. adhd

    ADHDの子ども3つの特徴

  3. ADHD

    ADHDの子どもの症状と才能を伸ばす接し方

  4. 親子

    子どもを甘やかすのはダメなこと?

  5. 反抗期

    発達障害の子の反抗期対応法

  6. ADHD

    ADHDの子ども3つの特徴

  7. adhd

    ADHDの子どもが伸びる接し方とは?

  8. 勉強

    発達障害でも成績優秀を目指すことは可能?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP