高校受験合格までに必要な勉強時間

勉強時間

周りの子たちが一生懸命勉強しているのを見ると、自分ももっとやらないと・・・と不安になってしまう中学生が多いです。

では実際どれくらい勉強すれば、志望校に合格できるのでしょうか。私の経験談も含めて紹介します。

お子さんにそのまま伝えていただければ、受験の合格率もアップするはずです(本日は子ども向けに記事を書きます)。

高校受験のときの勉強時間の目安は?

学力

そもそも、受験勉強で必要な時間というのは決まっていません。
  • 今の学力のレベル
  • 目指す高校のレベル
  • 現在の時期
この3つによって変わるからです。ただ、目安はあります。

どれだけ少なくても、平日は1時間(できれば3時間)。土日は3時間(できれば6時間)は行うといいでしょう。

不安なら友達以上に勉強量を増やそう!

勉強

この基準に加えて、勉強時間を増やすか現状維持にするか迷ったときは、自分の心に聞くのがいいです。

合格できるか不安なのであれば、勉強量を増やしましょう。また今の実力で志望校に入れるとしても、勉強時間を減らすのは危険です。

周りの子ははたくさん勉強しているので、やらなければ一気に成績が落ちる可能性があるからです。勉強時間を増やす場合は、削るものを考えましょう。

誰でも1日24時間しかないため、テレビを見る時間、ゲームをする時間、遊ぶ時間、寝る時間のどこを削るか、決めるしかありません。

参考に!道山の中学生時代の勉強時間

受験

参考までに、道山は中学3年生の時、1日どれくらい勉強していたのか説明します。

私の場合、1日の勉強量は平均2~3時間くらいだったと思います。毎日18時ごろまで部活があったので、夜20時頃から23時頃まで勉強していました。

部活で疲れて眠たいときは、15分だけベットで寝て、その後勉強していました。クラブチームに入っていたので、土日も平日と変わりません。

ただ、部活やクラブチームが終わった夏休み以降は、平日5時間、土日10時間くらいは頑張っていた気がします。

こういった目安がわかると、勉強計画を立てやすいと思います。よかったら、お子さんにも伝えてあげてください。

明日ですが、「ZOOMで道山流学習法勉強会を開催しました」というお話をします。本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

思春期の子育てアドバイザー道山ケイ

記事を読んでくださったあなたに道山からのお願いがあります

最後まで記事を読んでくださったあなたに、一つだけお願いがあります!本日の記事が少しでも役立ったのであれば、以下のバナーをクリックしていただきたいです。

クリックするだけで、ブログランキングのポイントがたまります。その結果、たくさんの方に思春期の子育て理論を広めることができます。

あなたの清き一票で、子どもたちの明るい未来を創ることができます。ご協力よろしくお願いします。

nblog1

関連記事

  1. 受験生

    大学進学にこだわると起こる悲劇

  2. やる気でない

    勉強意欲があるのに進まない原因

  3. 勉強しない

    中3でも勉強しない子のサポート法

  4. 模試

    高校受験直前の模擬試験の結果が悪いときは?

  5. 受験票

    高校入試前日にやってはいけない3つのこと

  6. 高校受験で親がやってはいけないサポ-ト法

  7. 受験

    高校入試制度変更後の受験勉強法

  8. 受験

    高校受験対策教材の購入者に一番しているアドバイス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトの運営者

道山ケイ

 

思春期の子育てアドバイザー。元中学校教師で、親を変えることで子どもの成績を上げるプロとして活躍。年間3000人の親をサポートし、約7割の家庭で親子関係が良好に変化。5教科の合計点が137点UPした子など実績多数。

>>続きはこちら

活動風景

成績UP無料メール講座

思春期の子育てメール講座

アーカイブ

PAGE TOP